◆清滝
別子ラインの景勝地です。
清姫伝説が残る赤色の吊り橋「清姫橋」を渡り、少し歩くと、落差約60mを誇る清滝があります。
えひめ自然百選のひとつで、冬には滝のしぶきがつららとなり、氷の芸術を眺めることができます。
【お知らせ】
清姫橋南側の市道で落石が発生したため、通行止めとなっています。
(平成18年5月1日)
復旧作業及び危険回避のため、清滝へは行くことができませんので注意してください。
所在地 〒792-0847 新居浜市大永山
アクセスマップ
+と-のコントローラをクリックしてサイズを変更できます。
写真ボタンをクリックすると衛星画像で表示されます。
手のひらポインタをドラッグすると移動できます。
◆銚子の滝
市内南西部、大生院地区を流れる渦井川沿いの道を上流に向かって進み、途中林道を折れると銚子の滝に通じる遊歩道の入口に着きます。
山吹谷と呼ばれるこの渓谷道の遊歩道を登り、吊橋の「銚子橋」を渡ると銚子の滝に到着します。この滝は、滝口の岩が銚子の口に似ているので、名付けられたそうです。
落差約30mのこの滝は、年間を通じて豊かな水量を誇り、滝つぼにもなみなみと水を貯えています。付近一帯はヤマブキが多く、初夏には色鮮やかな渓谷となり、家族連れのハイキングなどに最適なところです。
なお、昭和53年(1978)4月6日に、市の名勝に指定されています。
所在地 〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院
アクセスマップ
◆魔戸の滝
市内南部、国領川の支流、西の谷川に沿った林道を進むと、魔戸の滝遊歩道の入口に着きます。その遊歩道を約5分進むと魔戸の滝が見えてきます。
この滝は、上樽・中樽・下樽の三瀑布によって形成されており、下樽の瀑布は落差が約40mあります。深山幽谷にあることから神秘的で、龍王と彦兵衛の娘にまつわる伝説が残るなど、印象的な滝で、別名「窓の滝」や「樽の滝」とも呼ばれています。
なお、昭和53年(1978)4月6日に、市の名勝に指定されています。
【お知らせ】
魔戸の滝へ向かう林道は、平成21年11月の山腹崩壊による落石のため、通行止めとなっています。
復旧作業及び危険回避のため、魔戸の滝へは行くことができませんので注意してください。
所在地 〒792-0848 新居浜市種子川山
アクセスマップ