遊びながら学べる ~産業遺産

新居浜市の発展の礎となった別子銅山。市内には別子銅山ゆかりの産業遺産が残っていますが、まず、一番最初に訪ねてみたいのが、「別子銅山記念館」。
ここは、別子銅山の偉業を後世に引き継ぐために住友グループによって建設・運営されている施設です。貴重な歴史資料が数多く展示され、別子銅山について学ぶ最初の入り口として、その後に回る施設の魅力を引き出してくれます。
ここから渓谷・別子ライン沿いの道を上流に少し進んだ所にある体験型レクリエーション施設がマイントピア別子(端出場ゾーン)です。
遊びながら別子銅山について学習した後は、さらに上流へと進み約30分ほどの所にあるマイントピア別子(東平ゾーン)へ。
東平は、深緑の自然に囲まれ、散策しながらスケールの大きな産業遺産の実物に触れることができます。最後に市街地に戻り、広瀬歴史記念館や住友化学歴史資料館を回れば、既に別子銅山の魅力を感じ、ファンになった自分を感じるかも。