ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新居浜市議会 > 平成11年第3回新居浜市議会定例会会議録 第1号
本会議インターネット中継 
本会議会議録 
一般質問検索システム 
委員会会議録
コンテンツ

議会事務局 
〒792-8585 愛媛県新居浜市一宮町一丁目5番1号
新居浜市役所(6階)
直通
Tel:0897-65-1320
Tel:0897-65-1321
Fax:0897-65-1322
E-mail:gikai@city.niihama.lg.jp


平成11年第3回新居浜市議会定例会会議録 第1号

平成11年第3回新居浜市議会定例会会議録 第1号 

目次

議事日程
本日の会議に付した事件
出席議員
欠席議員
説明のため出席した者
議会事務局職員出席者
開会(午前10時00分)
市長議会招集のあいさつ
議長報告
休憩(午前10時05分)
再開(午前10時14分)
市長受賞議員に対してあいさつ
日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
 表決
日程第3 報告第5号~報告第10号
 伊藤市長の説明
 委員会付託省略
休憩(午前10時23分)
再開(午前10時23分)
 表決
 日程第4 議案第39号
 伊藤市長の説明
 小泉下水道部長の説明
 委員会付託
日程第5 議案第40号~議案第45号
 伊藤市長の説明
 山中企画調整部長の説明
 西原教育長の説明
 原市民環境部長の説明
 片上保健福祉部長の説明
 小林消防長の説明
 佐々木龍君の質疑
 片上保健福祉部長の答弁
休憩(午前10時50分)
再開(午前10時50分)
 神野助役の答弁
 西原教育長の答弁
 佐々木龍君の質疑
 岡崎溥君の質疑
 片上保健福祉部長の答弁
 委員会付託
日程第6 議案第46号~議案第49号
 伊藤市長の説明
 伊藤財務部長の説明
 委員会付託
日程第7 請願第2号・陳情第3号~陳情第5号
 委員会付託
散会(午前11時14分)





本文

平成11年6月8日 (火曜日)

  議事日程 第1号
第1 会議録署名議員の指名
第2 会期の決定
第3 報告第5号 継続費繰越計算書の報告について
   報告第6号 継続費繰越計算書の報告について
   報告第7号 繰越明許費繰越計算書の報告について
   報告第8号 繰越明許費繰越計算書の報告について
   報告第9号 専決処分した事件の承認について
         (委員会付託省略)
   報告第10号 専決処分した事件の承認ついて
         ( 同   上 )
第4 議案第39号 工事請負契約について
         (総務委員会付託)
第5 議案第40号 新居浜市職員の勤務時間及びその他の勤務条件に関する条例の
        一部を改正する条例の制定について
         ( 同   上 )
   議案第41号 新居浜市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について
          (都市建設委員会付託)
   議案第42号 新居浜市営サッカー場設置及び管理条例の制定について
         (教育福祉委員会付託)
   議案第43号 新居浜市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定に
        ついて
          (産業環境委員会付託)
   議案第44号 新居浜市介護認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定に
        ついて
         (教育福祉委員会付託)
   議案第45号 新居浜市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について
         (総務委員会付託)
第6 議案第46号 平成11年度新居浜市一般会計補正予算(第1号)
         (各常任委員会付託)
   議案第47号 平成11年度新居浜市公共用地事業特別会計予算
         (都市建設委員会付託)
   議案第48号 平成11年度新居浜市公共下水道事業特別会計補正予算
       (第1号)
         ( 同     上 )
   議案第49号 平成11年度新居浜市国民健康保険事業特別会計補正予算
       (第1号)
         (産業環境委員会付託)
第7 請願第2号 食料・農業・農村基本法及び関連施策に関する意見書の
        提出方について
         (産業環境委員会付託)
   陳情第3号 国旗・国歌の早期法制化を求める意見書の提出方について
         (総務委員会付託)
   陳情第4号 新ガイドライン関連法に関する意見書の提出方について
         ( 同 上 )
   陳情第5号 市直営の自校方式の中学校給食の実現について
         (教育福祉委員会付託)
――――――――――――――――――――――
  本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
――――――――――――――――――――――
  出席議員(34名)
 1番   豊 田 康 志 君 2番   藤 田 統 惟 君
 3番   竹 林   偉 君 4番   岡 崎   溥 君
 5番   高須賀 順 子 君 6番   伊 藤 優 子 君
 7番   伊 藤 初 美 君 8番   菅   秀二郎 君
 9番   真 木 増次郎 君 10番   佐々木 文 義 君
 11番   石 川 尚 志 君 12番   白 籏 愛 一 君
 13番   渡 辺   豊 君 14番   岡 田 光 政 君
 15番   近 藤   司 君 16番   山 本 健十郎 君
 17番   伊 藤 萬木家 君 18番   杉 本 真 泉 君
 19番   加 藤 喜三男 君 20番   仙 波 憲 一 君
 21番   小 野 豊 實 君 22番   佐々木   龍 君
 23番   田 坂 重 只 君 24番   井 上 清 美 君
 25番   鈴 木 連太郎 君 26番   小 野 利 通 君
 27番   橋 本 朝 幸 君 28番   藤 田 若 満 君
 29番   堀 田 正 忠 君 30番   神 野 幸 雄 君
 31番   原   月 美 君 32番   村 上 悦 夫 君
 33番   世 良 賢 克 君 34番   中 田   晃 君
――――――――――――――――――――――
  欠席議員
な   し
――――――――――――――――――――――
  説明のため出席した者
 市長         伊 藤 武 志 君
 助役         神 野 秀 明 君
 収入役        近 藤 宗 治 君
 企画調整部長     山 中 嘉 一 君
 財務部長       伊 藤 一 俊 君
 保健福祉部長     片 上 孝 光 君
 市民環境部長     原   敏 彦 君
 産業振興部長     高 橋 鎮 雄 君
 都市開発部長     柴 田 晋八郎 君
 下水道部長      小 泉 光 照 君
 消防長        小 林 史 典 君
 水道局長       安 藤 幸 男 君
 教育長        西 原 洋 昂 君
 教育次長       稲 見 重 幸 君
 監査委員       加 藤 治 繁 君
 港務局事務局長    加 地 信 義 君
――――――――――――――――――――――
  議会事務局職員出席者
 事務局長       神 野 秀 夫 君
 次長         近 藤   収 君
 庶務課副課長     鈴 木 一 生 君
 庶務係長       安 藤 謙 二 君
 議事課副課長     岡   正 士 君
 主任         原   正 夫 君
 主任         井 上   毅 君
 主事         濱 岡 里 枝 君
―――――――――― ◇ ――――――――――
  午前10時00分開会
○議長(世良賢克君) ただいまから平成11年第3回新居浜市議会定例会を開会いたします。
 これより本日の会議を開きます。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  市長議会招集のあいさつ
○議長(世良賢克君) 市長より今議会招集のあいさつがあります。伊藤市長。
○市長(伊藤武志君)(登壇) 開会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。
 本日、第3回市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には何かと御多忙の中、早速御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。
 本議会に提案いたします案件といたしまして、平成11年度一般会計補正予算を初め、市政が当面いたしております重要諸案件についてでございます。また、後日追加を予定いたしております人事案件もございますので、どうか議員の皆さん方には十二分に御審議を賜り、適切な御議決、御承認をいただきますようお願いを申し上げまして、開会のごあいさつといたします。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  議長報告
○議長(世良賢克君) 次に、議長報告を申し上げます。
 報告事項は、監査及び例月現金出納検査の結果についての報告、新居浜市土地開発公社及び新居浜市文化体育振興事業団の事業についての報告並びに議員の表彰についてであります。
 まず、監査及び例月現金出納検査の結果についての報告につきましては、監査委員から平成11年2月から平成11年3月までの間に行った監査の結果に関する報告書及び平成11年1月、2月、3月執行分の例月現金出納検査の結果に関する報告書の提出があり、配付いたしましたから、御了承願います。
 次に、新居浜市土地開発公社及び新居浜市文化体育振興事業団の事業につきましては、経営状況を説明する書類の提出があり、配付しておきましたから、御了承願います。
 次に、議員の表彰についてであります。
 四国市議会議長会において、8年以上議員在職表彰で近藤司君、杉本真泉君、加藤喜三男君、村上悦夫君が表彰され、特別表彰として12年以上議員在職表彰で山本健十郎君、伊藤萬木家君、佐々木龍君、原月美君、岡征雄君が、16年以上で田坂重只君、井上清美君、堀田正忠君、神野幸雄君、今井久代君、高橋勇君、守谷昭洋君が、20年以上で鈴木連太郎君が、24年以上で岡部茂君が、28年以上で小野利通君、橋本朝幸君、藤田若満君、世良賢克が、32年以上で石川義美君が、36年以上で頭師太平君が表彰されました。表彰状及び記念品を受けて帰っておりますので、休憩してその伝達を行います。
 この際、暫時休憩いたします。
  午前10時05分休憩
―――――――――― ◇ ――――――――――
  午前10時14分再開
○議長(世良賢克君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、市長より発言を求められておりますので、これを許します。伊藤市長。
○市長(伊藤武志君)(登壇) お許しをいただきまして、一言お祝いを申し上げたいと思います。
 ただいま四国市議会議長会におきまして、特別表彰、永年表彰のはえある栄誉を御受賞なされました議員の皆さん方に、心からお喜びを申し上げたいと思います。
 この長年にわたる御栄誉は、議員の皆様方が日々地方自治確立と市民福祉の向上、市政の発展に御貢献なされた、その御功績によるものでございまして、衷心より長年の御労苦に対する敬意とお喜びを申し上げたいと思います。
 どうか今後とも、その豊富な御経験を生かされまして、さらなる市政の発展に御活躍賜りますよう御祈念を申し上げまして、お祝いの言葉にかえさせていただきます。
○議長(世良賢克君) これより日程に入ります。
 本日の議事日程につきましては、お手元に配付の議事日程第1号のとおりであります。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(世良賢克君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において竹林偉君及び岡崎溥君を指名いたします。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  日程第2 会期の決定
○議長(世良賢克君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から6月25日までの18日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) 御異議なしと認めます。よって会期は18日間と決定いたしました。
 なお、今期定例会の会期中における会議の予定は、お手元に配付の会議日程表のとおりであります。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  日程第3 報告第5号~報告第10号
○議長(世良賢克君) 次に、日程第3、報告第5号ないし報告第10号の6件を一括議題といたします。
 説明を求めます。伊藤市長。
○市長(伊藤武志君)(登壇) ただいま上程されました報告第5号から報告第10号までの6件につきまして、一括して提案理由の説明を申し上げます。
 まず、報告第5号、継続費繰越計算書の報告につきましては、一般会計におきまして継続費を設定して進めております廃棄物中間処理施設整備事業(第1期工事)、廃棄物処理センター建設事業及びサッカーグラウンド整備事業の3事業に係る継続費繰越計算書の報告でございまして、平成10年度予算額に対します未執行額を平成11年度へ逓次繰り越しいたしたものでございます。
 次に、報告第6号、継続費繰越計算書の報告につきましては、水道事業会計におきまして継続費を設定して進めております新居浜市水道経営変更(第6次拡張)事業に係る継続費繰越計算書の報告でございまして、平成10年度予算額に対します未執行額を平成11年度へ逓次繰り越しいたしたものであります。
 次に、報告第7号、繰越明許費繰越計算書の報告につきましては、一般会計の地域振興券交付事業費など12事業の繰越明許費繰越計算書の報告でございまして、事業実施のための条件整備、用地取得などに時間を要したこと、並びに国の緊急経済対策に伴う第3次補正予算に係る事業費の一部を平成11年度へ繰り越しいたしたものでございます。
 次に、報告第8号、繰越明許費繰越計算書の報告につきましては、公共下水道事業特別会計の管渠等建設事業の繰越明許費繰越計算書の報告でございまして、国の経済対策に伴う補正予算に係る事業費を平成11年度へ繰り越しいたしたものでございます。
 次に、報告第9号及び報告第10号の専決処分した事件の承認につきましては、いずれも平成11年度特別会計補正予算の専決処分をいたしたもので、報告し、承認を求めるものでございます。この専決処分は、報告第9号、平尾墓園事業特別会計補正予算(第1号)、報告第10号、老人保健事業特別会計補正予算(第1号)でございまして、それぞれの特別会計における前年度歳入不足額について繰上充用いたしたもので、これに伴う補正予算を専決処分いたしたものでございます。よろしく御審議賜りますようにお願いを申し上げます。
○議長(世良賢克君) これより質疑に入ります。
 報告第5号ないし報告第10号の6件に対して質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております報告第9号及び報告第10号の2件については、会議規則第38条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) 御異議なしと認めます。よって報告第9号及び報告第10号の2件については、委員会の付託を省略することに決しました。
 この際、暫時休憩いたします。
  午前10時23分休憩
―――――――――― ◇ ――――――――――
  午前10時23分再開
○議長(世良賢克君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより討論に入ります。
 討論の通告はありません。よって討論なしと認めます。
 これより報告第9号及び報告第10号の2件を一括採決いたします。
 以上の2件は、いずれもこれを承認することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) 御異議なしと認めます。よって報告第9号及び報告第10号の2件は、いずれもこれを承認することに決しました。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  日程第4 議案第39号
○議長(世良賢克君) 次に、日程第4、議案第39号を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。伊藤市長。
○市長(伊藤武志君)(登壇) ただいま上程されました議案第39号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 議案第39号、工事請負契約につきましては、土場雨水ポンプ場沈砂池設備工事(その4)でございまして、去る5月21日に一般競争入札によりまして落札業者の決定を見ましたので、2億8,980万円で住友重機械工業株式会社新居浜製造所と契約を締結するため、本案を提出いたしました。
 なお、詳細につきましては担当部長から補足説明をいたしますので、よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(世良賢克君) 補足説明を求めます。小泉下水道部長。
○下水道部長(小泉光照君)(登壇) 議案第39号につきまして、補足説明を申し上げます。
 土場雨水ポンプ場沈砂池設備工事(その4)についてでございますが、土場雨水ポンプ場は平成8年度に事業着手いたしまして、総排水量毎分490立方メートルの排水能力を持つポンプ場として整備をいたしております。
 今回の工事の内容でございますが、お手元の平面図、断面図に示しております自動除塵機1基、揚砂機3基、沈砂ホッパー1基、放流ゲート1門の製作・据えつけ工事でございます。
 なお、平成11年度には口径800ミリの電動ポンプ1台、口径1,200ミリのエンジンポンプ1台を設置いたしまして、平成11年度9月中旬には排水量毎分290立方メートルの能力といたしまして、一部供用開始する予定でございます。
 なお、工事は、契約の日から平成12年3月20日といたしております。
○議長(世良賢克君) これより質疑に入ります。
 議案第39号に対して質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) 質疑なしと認めます。
 議案第39号は、議事日程に記載のとおり、総務委員会に付託をいたします。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  日程第5 議案第40号~議案第45号
○議長(世良賢克君) 次に、日程第5、議案第40号ないし議案第45号の6件を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。伊藤市長。
○市長(伊藤武志君)(登壇) ただいま上程されました議案第40号から議案第45号までの6件につきまして、一括して提案理由の説明を申し上げます。
 まず、議案第40号、新居浜市職員の勤務時間及びその他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、労働基準法の一部改正及び育児休業、介護休業等育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律等の一部改正に伴い、休憩時間の一斉付与の例外並びに育児または介護を行う職員の深夜勤務及び時間外勤務の制限を加えるため、本案を提出いたしました。
 次に、議案第41号、新居浜市特別会計条例の一部を改正する条例の制定につきましては、国庫債務負担行為に基づき、新居浜駅前土地区画整理事業に係る用地の先行取得を効率的に行うことによって、駅前土地区画整理事業の円滑な推進を図るため、新居浜市公共用地事業特別会計を設置いたしたく、本案を提出いたしました。
 次に、議案第42号、新居浜市営サッカー場設置及び管理条例の制定につきましては、市民の体育及びスポーツの振興並びに健康で文化的な生活の向上に寄与するため、整備を進めてまいりました新居浜市営サッカー場が完成いたしますことから、設置及び管理条例を制定するため、本案を提出いたしました。
 次に、議案第43号、新居浜市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につきましては、国民健康保険法施行令等の一部改正に伴い、保険料の賦課総額に係る基準、賦課の特例の改正等、所要の条文整備を行うため、本案を提出いたしました。
 次に、議案第44号、新居浜市介護認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定につきましては、介護保険制度導入に伴い、準備作業として新居浜市介護認定審査会を設置し、介護認定を平成11年10月1日から実施するため、本案を提出いたしました。
 次に、議案第45号、新居浜市火災予防条例の一部を改正する条例の制定につきましては、計量法の全部を改正する法律及び危険物の規制に関する政令の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、所要の条文整備を行うため、本案を提出いたしました。
 なお、詳細につきましては担当部長から補足説明をいたしますので、よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(世良賢克君) 補足説明を求めます。山中企画調整部長。
○企画調整部長(山中嘉一君)(登壇) 議案第40号につきまして、補足を申し上げます。
 新居浜市職員の勤務時間及びその他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例につきましては、休憩時間の一斉付与の例外並びに育児または介護を行う職員の深夜勤務及び時間外勤務の制限を加えようとするものでございます。
 改正の内容についてでございますが、お手元の参考資料の2ページから3ページをお目通し願います。
 まず、第6条第2項につきましては、職員に休憩時間を勤務時間の途中に与えるに当たり、労働基準法の定めるところにより一斉に与えなければならないとされている事業所においても、職務の特殊性または当該公署の特殊の必要があり、規則で定められている場合には、その定めるところにより職員に休憩時間を一斉に与えないことができるものとするものでございます。
 次に、第8条の2第1項並びに第2項につきましては、小学校就学の始期に達するまでの子のある職員が、当該子を養育するために請求した場合には、公務の正常な運営を妨げる場合を除いて、当該職員に深夜における勤務をさせてはならないとするものであること。並びに、当該請求をした職員の業務を処理するための措置を講ずることが著しく困難である場合を除いて、制限開始日とされた日から起算して1年を経過する日までの間において、360時間を超えて時間外勤務をさせてはならないとするものでございます。
 次に、第8条の2第3項につきましては、条例第17条第1項に規定する日常生活を営むのに支障がある者を介護する職員が請求した場合についても、「当該子」を「当該要介護者」、「養育する」を「介護する」と読みかえまして同様とするものでございます。
 次に、第8条の2第4項についてでございますが、前3項に規定するもののほか、勤務の制限に関する手続その他の勤務の制限に関し必要な事項について、規則で定めようとするものでございます。
○議長(世良賢克君) 西原教育長。
○教育長(西原洋昂君)(登壇) 議案第42号、新居浜市営サッカー場設置及び管理条例の制定について、補足を申し上げます。
 本案は、サッカーを初めとする本市スポーツの需要にこたえ、その振興を図るとともに、多目的な需要にもこたえることができる芝サッカーグラウンドを、平成9年度から3カ年継続事業により整備を進めてまいりましたが、本年7月末完成し、8月に供用開始をすることから、当施設の適正な管理と運営を図るために制定するものでございます。
 この条例の主な内容でございますが、まず施設の名称を新居浜市営サッカー場といたすものでございます。
 次に、施設の概要についてでございますが、総面積約5ヘクタールの敷地に約2万2,200平方メートルの芝グラウンドを有し、サッカーグラウンド2面がとれるものでございます。
 その他の施設といたしましては、鉄骨づくり平屋建て、床面積168平方メートルの管理棟1棟、倉庫棟1棟、公衆トイレ2カ所、約1,000人収容の芝観客席、常設駐車場2カ所などとなっております。
 次に、使用料についてでございますが、市民の皆様の利便性の確保と受益者負担の原則を踏まえ、市内外の類似施設等を考慮いたしまして定めたものでございます。
 また、減免につきましては、使用の実態に応じまして対応できるよう規定を設けているものでございます。
 なお、この条例は平成11年8月1日から施行するものでございます。
○議長(世良賢克君) 原市民環境部長。
○市民環境部長(原敏彦君)(登壇) 議案第43号、新居浜市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につきまして、補足を申し上げます。
 今回の改正は、国民健康保険法施行令等の一部が改正されたことに伴いまして、保険料の賦課総額に係る基準等について、国の措置に準じて改正するものでございます。
 改正の内容につきましては、お手元の参考資料の5ページから7ページをお目通し願います。
 まず、第4条の2第2項につきましては、「国家公務員等共済組合法」を「国家公務員共済組合法」に、次に第8条第1号でございますが、保険料の賦課総額のうち事務の執行に要する費用につきまして、国民健康保険の事務費が一般財源化されたため所要の改正を行うもの、また国民健康保険が負担する老人医療費拠出金のうち、退職被保険者等に係る部分について、その額の2分の1を退職者医療制度を通じて被用者保険が負担することになりましたことから、それぞれ保険料の賦課総額の対象から除外するものでございます。
 次に、同条第2号につきましても、事務費負担金が一般財源化されたことなどに伴う所要の条文整備でございます。
 次に、附則第6項でございますが、地方税法の改正により、所有期間が2年以下の超短期所有土地の譲渡等に係る事業所得等に課税されていたものを、平成9年12月31日までの譲渡をもちまして廃止されたことにより、附則第6項の保険料の賦課の特例の規定を削り、附則第7項から第12項までを1項ずつ繰り上げるものでございます。
 なお、この条例は公布の日から施行し、改正後の新居浜市国民健康保険条例の規定は、平成11年4月1日から適用するものでございます。
 ただし、附則第6項を削る改正規定及び改正後の国民健康保険条例第8条の規定は、平成11年度以降の年度分の保険料について適用し、10年度までの保険料につきましては、なお従前の例によるものでございます。
○議長(世良賢克君) 片上保健福祉部長。
○保健福祉部長(片上孝光君)(登壇) 議案第44号、新居浜市介護認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定につきまして、補足を申し上げます。
 まず、本条例は、介護保険法第15条第1項に基づき、新居浜市介護認定審査会の委員の定数等を定めるため、制定しようとするものでございます。
 条文は、本則4条と附則1条からなっておりまして、第1条は趣旨、第2条は委員の定数を30人とすることと、第3条は規則に委任することができること、第4条は認定審査会を条例の施行日前においても、審査及び判定の業務ができるということといたしております。
 附則は、本条例を平成12年4月1日から施行しようとすること。ただし、条例第4条は公布の日から施行することといたしております。
○議長(世良賢克君) 小林消防長。
○消防長(小林史典君)(登壇) 議案第45号、新居浜市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について、補足を申し上げます。
 計量法の全部を改正する法律並びに危険物の規制に関する政令の一部を改正する政令が公布されたことに伴いまして、新居浜市火災予防条例の一部を改正し、条文整備をしようとするものでございます。
 参考資料の8から18ページをお目通しいただきたいと存じます。
 まず1点目といたしまして、第3条第3項、第3条の3第1項第3号、第3条の4第1項第3号エ、(ア)、(イ)、第31条の5第4号、第31条の6第2号、同条第4号、第44条第4号、同条第5号、同条第6号、同条第9号、別表第3から第6及び別表第8までの規定中「キロカロリー毎時」を「キロワット」に、「重量キログラム毎平方センチメートル」を「キロパスカル」に、「カロリー毎グラム」を「キロジュール毎グラム」に改めます。
 2点目は、第31条の2第9号の危険物を取り扱う配管について、金属製以外の配管であっても使用することができるよう配管の技術上の基準について、強度、耐薬品性、耐熱性及び耐腐食性の観点から、基準の整備を図るものでございます。
 なお、この条例は、計量単位については平成11年10月1日から、危険物を取り扱う配管については公布の日から施行しようとするものでございます。
 以上で補足を終わります。
○議長(世良賢克君) これより質疑に入ります。
 議案第40号ないし議案第45号の6件に対して質疑はありませんか。佐々木龍君。
○22番(佐々木龍君)(登壇) ただいま提案されました議案第42号、議案第44号、この2件は、それぞれの条項を規則へ委任するというふうになっていますが、条例と規則の関係では、その規則がその条例の権限をある意味で超えるような規則をつくったり、あるいは裁量を規則に持たせ過ぎるのではないかということをかねてから懸念をしておりました。具体的に申し上げれば、42号で言えば、サッカーグラウンドがいつ休みなのか、何時まで使えるのかということも、条例では定めないと。介護保険についても、保健・医療・福祉関係者というものの内訳とか、そういうことさえも条例に出てこないと。いわゆる規則という中でそれらを定めようとしているんですが、この条例と規則の関係について、こういう条例の提案の仕方について多少疑問を感じているので、その条例と規則の関係ということと、42号と44号の今申し上げた休みの日、使用時間、44号の認定審査会の委員のそういう保健・医療・福祉とか、そういうところを条例で定めようとしない理由について、お伺いします。
○議長(世良賢克君) 答弁を求めます。片上保健福祉部長。
○保健福祉部長(片上孝光君)(登壇) 質疑にお答えいたします。
 44号でございますけれども、基本的に介護認定審査会の委員の定数等を定める条例につきましては4条からなっておりまして、これはあくまで厚生省の準則に基づいて制定いたしておりまして、詳しいことにつきましては規則認定ということになろうと思いますけれども、委任行為のその中に余り本条のものを入れるということはどうかと思いますので、本条の中には入れておりません。その他規則で賄い切れないものということになれば、また要綱等において賄うということにしておりますので、御理解いただきたいと思います。
○議長(世良賢克君) 暫時休憩します。
  午前10時50分休憩
―――――――――― ◇ ――――――――――
  午前10時50分再開
○議長(世良賢克君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 答弁を求めます。神野助役。
○助役(神野秀明君)(登壇) 条例と規則の関係でございますが、規則委任をした場合には、あくまでもその条例というのが最高限度規定になろうかと思います。それの範囲内で規則を定めるということでございまして、規則の中身が条例を超えるというようなことはあり得ないと、このように考えております。
○議長(世良賢克君) 西原教育長。
○教育長(西原洋昂君)(登壇) 条例の意を酌んで規則で定めてございまして、この管理条例の施行規則を御紹介いたしますと、例えば第1条では、この規則は新居浜市営サッカー場設置及び管理条例の施行について必要な事項を定めるとし、使用時間につきましては、第2条で新居浜市営サッカー場の使用時間は9時から17時までとする。第2条の2項といたしまして、前項の規定にかかわらず、教育委員会が必要と定めるときは使用時間を変更することができる。
 それから、休場日は、第3条でサッカー場の休場日は次のとおりとするというふうなことで、規則で決めております。
○議長(世良賢克君) 佐々木龍君。
○22番(佐々木龍君)(登壇) 今の御答弁はわかりましたが、先に申し上げたらよかったけど、私が言いたかったのは、条例案を出すときに参考資料として、そこまでできているんなら規則の案としても出すべきだろうというふうに、今教育長さんの御答弁をお聞きしていたら思ったんで、これ質疑ですから、質疑にしないといけませんので、この後、委員会付託を図って、そういう形になりましたら、介護保険にしろ、サッカーグラウンドにしろ、規則の案というものをきちんとした文章で出していただけますでしょうか。
○議長(世良賢克君) ほかにありませんか。岡崎溥君。
○4番(岡崎溥君)(登壇) 議案第44号につきましてちょっと御質問申し上げたいと思いますが、新居浜市介護認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定についてということで、第2条で定数、認定審査会の委員は市長が委嘱し、定数は30人とするというふうに提案をされておるわけですけれども、この審査委員会は言うまでもなく10月から実際に仕事に入りまして、人数や組織など、物理的にそれを保証すると、実施までにですね、いうものでなければならないということと、家族、住宅、経済状態など、お年寄りの置かれている生活実態を総合的に判断することが求められるというふうに思います。
 この30名の根拠につきまして、ちょっとお伺いしたいんですけども、来年4月実施ということに向けて、新居浜では3,000名から4,000名を審査しなければならないだろうというふうに聞いております。西条では、この審査委員は56名というふうに聞いておりますし、そしてそのほかの実例をあちこちで聞くんですけれども、新居浜市のこの30名という人数につきましては、非常にそれらに比べても非常に少ないというふうに思うのですが、審査委員会、これから次々と仕事を進めていく上で支障はないのかどうなのか。30人の根拠、その辺についてちょっとお伺いしたいと思うんですが。
 以上でございます。
○議長(世良賢克君) 答弁を求めます。片上保健福祉部長。
○保健福祉部長(片上孝光君)(登壇) 質疑にお答え申し上げます。
 根拠でございますけれども、介護認定申請、先ほど御質問の中にありましたが、大体3,000人から4,000人が対象じゃないかと、私ども予測しておりますけれども、その4,000人あるいは3,000人の方々の審査するにいたしましても、非常に高度な知識を必要とします。それは、御案内のようにケアマネージャーというような方が新居浜市に大体114名ぐらいおると思いますけれども、その中から選任するという形になろうと思いますが、特に医療関係になりますと非常にシビアな判断も必要ですし、専門的な判断も必要としております。ということで、30人のうちの15名を医師から選任するようにしております。あと15名は社会福祉士とか介護福祉士とかというような専門の方にお願いして審査していただくということにしております。そういうことでございますので、大体根拠につきましても御理解いただいたらと、このように思います。
○議長(世良賢克君) ほかにありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) これにて質疑を終結いたします。
 議案第40号ないし議案第45号の6件は、いずれも議事日程に記載のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  日程第6 議案第46号~議案第49号
○議長(世良賢克君) 次に、日程第6、議案第46号ないし議案第49号の4件を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。伊藤市長。
○市長(伊藤武志君)(登壇) ただいま上程されました議案第46号から議案第49号までの4件につきまして、一括して提案理由の説明を申し上げます。
 まず、議案第46号、平成11年度新居浜市一般会計補正予算(第1号)について申し上げます。
 今回の補正予算は、補助内示のありました林業構造改善事業、地域環境整備事業及びすべての中学校で給食を実施する共同調理場の建設に向け、用地の取得、造成工事、実施設計を行う中学校給食施設建設事業、多極型産業推進事業用地に開設されるデイサービスセンターに係る事業費並びに国民健康保険事業特別会計繰出金等について予算措置いたすものであります。
 次に、議案第47号、平成11年度新居浜市公共用地事業特別会計予算についてでございますが、議案第41号で御説明いたしましたように、今回設置しようといたしております特別会計において、国庫債務負担行為に基づく土地区画整理事業に係る公共用地の先行取得を行い、一般会計と一体的に取り組むことによりまして、事業の推進を図るため、用地費、補償費等について予算措置いたすものでございます。
 次に、議案第48号、平成11年度新居浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、今回の補正予算は、国の補助内示が増額になったことに伴いまして、管渠等建設事業費について予算措置いたすものであります。
 次に、議案第49号、平成11年度新居浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、今回の補正予算は、保険給付費を減額し、国保財政安定化支援事業繰入金等を増額措置いたすものでございます。
 なお、詳細につきましては担当部長から補足説明をいたしますので、よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(世良賢克君) 補足説明を求めます。伊藤財務部長。
○財務部長(伊藤一俊君)(登壇) 議案第46号から議案第49号までの予算議案につきまして、一括して補足を申し上げます。
 まず、議案第46号、平成11年度新居浜市一般会計補正予算(第1号)についてでございますが、今回の補正額は予算書の1ページにございますように、7億810万5,000円の追加でございまして、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ396億131万8,000円といたすものでございます。これを前年同期と比較いたしますと、額で2億3,934万円、率で0.6%の増となっております。
 内容といたしましては、補正予算参考資料の1ページ以下に整理をいたしておりますが、公共事業費では、多極型産業推進事業用地に開設されますデイサービスセンターにリフトつきバスの整備を行う高齢者デイサービス車両購入事業、林業生産基盤の整備を図るため、林道客谷孝々谷線の開設等を行う林業構造改善事業などで6,189万7,000円、構成比で8.7%となっております。
 また、単独事業費といたしましては、泉池自治会館、滝の宮自治会館の整備を行います地域環境整備事業、全中学校での給食を実施するため、共同調理場の建設に向け、用地の取得及び施設の実施設計を行う中学校給食施設建設事業等で3億5,660万6,000円、構成比で50.4%となっております。
 また、施策費といたしましては、国保会計の財政安定化を図るため、一般会計から繰り出しを行います国保会計繰出金、多極型産業推進事業用地に開設をされますデイサービスセンターに係る在宅ねたきり老人等デイサービス事業費、むつみの家の運営委託料等でございます痴呆性老人グループホーム運営費、公共下水道事業特別会計繰出金などで2億8,683万9,000円、構成比で40.5%となっております。
 また、経常経費といたしましては、国保会計繰出金で276万3,000円、構成比で0.4%となっております。
 これらを市税、国庫支出金、県支出金、分担金及び負担金、市債等の財源で措置をいたしております。
 今回の補正予算によりまして、財政計画総額406億9,172万3,000円に対しまして、一部未確定への事業費を除きまして97.3%を予算化いたしたところでございます。
 次に、補正予算書及び予算説明書に基づき御説明を申し上げます。
 予算説明書の2ページをお開きください。
 第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入といたしまして、市税2億5,676万7,000円、分担金及び負担金122万4,000円、国庫支出金709万1,000円、県支出金7,559万9,000円、寄附金3,232万4,000円、市債3億3,510万円の合わせて7億810万5,000円を計上いたしまして、3ページにございます歳出経費に充当いたすものでございます。
 次に、4ページ、第2表債務負担行為補正の変更についてでございますが、平成11年度新居浜市土地開発公社の借入金に係る債務保証につきまして、限度額を変更いたすものでございまして、これまでの限度額14億6,000万円に1億7,900万円を増額し、限度額を16億3,900万円に変更するものでございます。
 次に、5ページ、第3表地方債補正の追加についてでございますが、中学校給食施設建設事業について、2億5,100万円を追加いたすものでございます。
 次に、6ページ、第4表地方債補正の変更についてでございますが、臨時地方道整備事業、都市計画事業につきまして、それぞれ起債の借入限度額を変更いたすものでございまして、これまでの限度額15億4,560万円に8,410万円を増額し、限度額を16億2,970万円に変更するものでございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、いずれも記載のとおりでございます。
 次に、特別会計予算についてでございますが、7ページをお開きください。
 議案第47号、平成11年度新居浜市公共用地事業特別会計予算についてでございます。
 新居浜駅前土地区画整理事業に係る用地を、公共用地先行取得等事業債を活用して先行取得を行うもので、11億6,930万円を計上いたすものでございます。
 内容といたしましては、歳出では用地費、補償費等でございます。
 財源といたしましては、市債11億6,930万円で措置をいたしております。
 10ページ、第2表地方債につきましては、限度額を11億6,930万円と定め、新居浜駅前土地区画整理事業の公共用地先行取得事業費に充当をいたしております。起債の方法、利率及び償還の方法につきましては、いずれも記載のとおりでございます。
 次に、11ページ、議案第48号、平成11年度新居浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 今回の補正は、1億3,000万円の追加でございまして、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ64億4,533万9,000円といたすものでございます。
 内容といたしましては、歳出では公共事業でございます管渠等建設事業費でございます。
 財源といたしましては、国庫支出金6,500万円、一般会計繰入金780万円、市債5,720万円で措置をいたしております。
 14ページ、第2表地方債補正の変更につきましては、公共下水道事業債につきまして起債の借入限度額を変更いたすものでございまして、これまでの限度額19億3,520万円に5,720万円を増額し、限度額を19億9,240万円に変更するものでございます。
 起債の方法、利率、償還の方法につきましては、いずれも記載のとおりでございます。
 次に、15ページ、議案第49号、平成11年度新居浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、今回の補正は、2,490万3,000円の減額でございまして、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ100億4,876万1,000円といたすものでございます。
 内容といたしましては、歳出では保険給付費5,118万6,000円及び老人保健拠出金4,036万7,000円の減額と基金積立金5,000万円及び償還金1,388万7,000円の増額となっております。
 歳入につきましては、国民健康保険料1,669万3,000円、国庫支出金1億8,939万7,000円、一般会計繰入金2億4,745万1,000円、繰越金2億1,650万7,000円の増額並びに療養給付費交付金166万7,000円、諸収入6億9,328万4,000円の減額によりまして財源を調整いたしております。
 以上で、予算関係の補足を終わります。
○議長(世良賢克君) これより質疑に入ります。
 議案第46号ないし議案第49号の4件に対して質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) 質疑なしと認めます。
 議案第46号ないし議案第49号の4件は、いずれも議事日程に記載のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
―――――――――― ◇ ――――――――――
  日程第7 請願第2号、陳情第3号~陳情第5号
○議長(世良賢克君) 次に、日程第7、請願第2号及び陳情第3号ないし陳情第5号の4件は、いずれも議事日程に記載のとおり、それぞれ所管の常任委員会の付託いたします。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 お諮りいたします。
 議事の都合により6月9日から6月14日までの6日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(世良賢克君) 御異議なしと認めます。よって6月9日から6月14日までの6日間休会することに決しました。
 6月15日は午前10時から会議を開きます。
 本日はこれにて散会いたします。
  午前11時14分散会

このページのトップへ