ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > マイナンバー制度 > 各手続きにおいてマイナンバーの記入が必要になります
マイナンバー制度について
各課からのお知らせ
特定個人情報保護評価書
情報連携を行う独自利用事務について
マイナンバー制度(内閣官房)サイト<外部リンク>

各手続きにおいてマイナンバーの記入が必要になります

 平成28年1月から介護福祉課の各手続きにおいて、マイナンバーの記入が必要になります。

申請の際は通知カード(または個人番号カード)をお持ちください。

マイナちゃん

申請するときは次の書類が必要です

(本人の)個人番号がわかるもの

   ・ 通知カード(個人番号カード)
   ・ 個人番号が記載された住民票の写し

  ※代理人による申請の場合、通知カード(個人番号カード)の原本をお預かりでなければ
   写しの提出をお願いします。

 

(本人または代理人の)身元確認ができるもの

   (代理人による申請の場合、代理人の身元確認のみで本人の身元確認は必要ありません)


   A  顔写真付きで、官公署が発行した次の書類のうちどれか1つ

     ・ 個人番号カード    ・ 運転免許証      ・ 運転経歴証明書   
     ・ パスポート       ・ 障がい者手帳     ・ 在留カード  など

  B Aをお持ちでない場合は、官公署が発行した名前および氏名または住所が記載された
    書類のうちどれか2つ

     ・ 医療保険被保険者証(国民健康保険、後期高齢者医療保険など)
     ・ 介護保険被保険者証      
     ・ 年金手帳
     ・ 顔写真付きでない障がい者手帳 
     ・ 児童扶養手当証書  など

 

(代理人の)代理権の確認ができるもの

     ・委任状  [PDFファイル/160KB]   

   ※委任状の作成が困難な事情があるときは、事前にご相談ください。

 

郵送による手続きの場合

    郵送により手続きを行う場合は、各申請書類などと合わせて上記書類の写しも同封してください。

   ※委任状は原本を同封してください。


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ