ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 新居浜市美術館 > ポスター及び缶バッジの配布によるSDGsの普及啓発「今こそ誰ひとり取り残さないにいはまを目指し」

ポスター及び缶バッジの配布によるSDGsの普及啓発「今こそ誰ひとり取り残さないにいはまを目指し」

ポスター及び缶バッジの配布によるSDGsの普及啓発「今こそ誰ひとり取り残さないにいはまを目指し」

 SDGsの基本理念である「誰ひとり取り残さない」を目標に掲げ、エッセンシャルワーカーのみなさんや市民のみなさんへの啓発事業として、職員手作りの缶バッジの配布、着用、ポスター掲示を行います。デザインは、あかがねミュージアム運営グループ(株式会社ハートネットワーク・アビリティセンター株式会社・一宮運輸株式会社)と美術館職員が行い、缶バッジも手作りしました。
デザインの意味は、SDGs達成目標17項目のうち、本事業の趣旨に関連が深い4つの目標のアイコンをベースに、水色の背景の中に「ありがとう・がんばろう」のメッセージを込めています。
缶バッジ、ポスターは、市職員や運営グループ関連企業職員、関連団体等へ配布、着用することで、エッセンシャルワーカーのみなさんへの敬意とともに、誰一人取り残さない社会づくりの普及啓発を図ります。また、缶バッジは、市内小・中学生への配布も予定しているほか、あかがねミュージアムでもご来館者にお渡しします。
(缶バッジに使用されているフックピンの危険性を考え、小学4年生以上へ配布予定です)

 

缶バッジ及びポスター1    缶バッジ及びポスター写真2


このページのトップへ