ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域コミュニティ課 > 協働事業市民提案採択事業(平成27年度実施分)について

協働事業市民提案採択事業(平成27年度実施分)について

 市民活動団体、企業・法人と行政が協働して事業を実施することで、お互いが補完し合う相乗効果により、まちの課題解決に向けた取り組みを行うことを目的に、市民の皆さんから市民と行政の協働にふさわしい事業アイデアを募集する協働事業市民提案制度を創設しています。
 平成27年度は、次の8つの事業が実施されました。
  1. こころ・はぐくむ・はじまる~じんけんをまなぶ~
    【提案団体】人形劇団「ふきのとう」  【事業担当課】人権擁護課
  2. じゃ口の修理を自分でしてみませんか?
    【提案団体】新居浜市管工事業協同組合  【事業担当課】水道局工務課
  3. 愛媛国体をおもてなしの心でお出迎え~花いっぱいの美しいまちづくり推進事業~
    【提案団体】愛花人  【事業担当課】国体推進室
  4. あいさつ日本一のまちづくり推進事業
    【提案団体】新居浜市PTA連合会  【事業担当課】学校教育課
  5. 住民主体の高齢者の交流の場づくり事業
    【提案団体】NPO法人新居浜ほっとねっと  【事業担当課】地域包括支援センター
  6. 公民館単位での介護予防教室
    【提案団体】NPO法人新居浜いきいき工房  【事業担当課】地域包括支援センター
  7. 誕生学~うまれてきてくれてありがとう~
    【提案団体】Team 縁 ~yukari~  【事業担当課】学校教育課
  8. 高校生から始めるDV根絶プロジェクト
    【提案団体】国際ソロプチミスト新居浜みなみ  【事業担当課】男女共同参画課

こころ・はぐくむ・はじまる~じんけんをまなぶ~

  【提案団体】人形劇団「ふきのとう」  【事業担当課】人権擁護課

事業概要

 16の幼稚園・保育園において、人形劇団「ふきのとう」による人権の視点を盛り込んだ人形劇『みんななかよし』などを上演し、園児だけでなく、多くの保護者も一緒に観劇しました。上演中は、人形の動きやセリフに合わせて子どもたちも一喜一憂するなど、楽しみながら人権意識が向上しました。

 人形劇の写真です 人形劇の写真です

相乗効果

 劇は、子どもたちが興味を持って観ることのできる内容に仕上がっており、劇団の経験や実績が十分に発揮されました。事後のアンケート調査では、「内容が分かりやすかった」、「子どもが集中してみることができて良かった」などの意見がほとんどでした。多くの幼稚園・保育園に人権教育の機会を提供することができ、多くの子どもたちが人権に触れることができました。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価を行いました。
協働評価シート [PDFファイル/147KB]

じゃ口の修理を自分でしてみませんか?

 【提案団体】新居浜市管工事業協同組合  【事業担当課】水道局工務課

事業概要

 水道メーターからじゃ口までの簡易給水模型を実際の器具を使って作成しました。修理キットを用いてパッキン・コマを取り替える作業を参加者が体験できるよう直接指導したり、修理方法紹介ビデオを放映するなどしました。

高津小学校の文化祭の写真です 中萩小学校の文化祭の写真です

相乗効果

 水道局と組合がそれぞれの特性を生かし、校区文化祭に合わせて本事業を開催することで、年配の人から小中学生までの広範囲で多くの市民に関心を持って参加してもらうことができました。参加者は「早速修理をやってみる」、「じゃ口の仕組みがよく理解できた」などおおむね良好な反応で、その他にも水道に関するさまざまな相談に対して、水道工事業者ならではの回答により感謝されるケースもあり、手応えを感じました。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価を行いました。
協働評価シート [PDFファイル/182KB]

愛媛国体をおもてなしの心でお出迎え~花いっぱいの美しいまちづくり推進事業~

  【提案団体】愛花人  【事業担当課】国体推進室

事業概要

 2017年に開催されるえひめ国体を契機として、本市を訪れる皆さんに対するおもてなしの一環として花いっぱいでお出迎えをするとともに、花いっぱいのまちづくりの機運を高めるための事業を実施(花作り教室・国体推奨花の試験栽培)しました。

花づくり教室の写真です 国体推奨花の試験栽培の写真です

相乗効果

 花づくり教室の参加者からは、「校区内の人と一緒に作業することにより交流が図られ、花づくりを通じてまちづくりを行っているという実感がわきました」など、おおむね好評でした。また、国体推奨花の試験栽培を行った結果、本市の推奨花をビンカ(日日草)、マリーゴールド、コリウスの3種に絞り込み、国体に向け市内の花いっぱい運動などと連携していく予定です。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価を行いました。
協働評価シート [PDFファイル/138KB]

あいさつ日本一のまちづくり推進事業

 【提案団体】新居浜市PTA連合会  【事業担当課】学校教育課

事業概要

 あいさつの大切さをPRするための、児童、生徒の自由な発想による絵、標語、あいうえお作文、あいさつキャラクターなどを募集しました。小学生343点、中学生20点、合計363点の応募があり、標語などについては看板を作成し、各学校や地域へあいさつ運動の啓発用品として配布しました。

あかがねミュージアムでの写真です 絵、キャラクターなどの写真です

相乗効果

 新居浜市PTA連合会と共同で事業を行うことで、学校だけでなく、家庭や地域が一体となってあいさつができるまちづくり推進のために取り組むことができました。今後においては、あいさつ週間の設定や地域を巻き込んだあいさつ運動の展開など、継続的な活動へとつなげていき、市の全域ですべての市民にあいさつ運動の啓発を行う予定です。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価を行いました。
協働評価シート [PDFファイル/142KB]

住民主体の高齢者の交流の場づくり事業

 【提案団体】NPO法人新居浜ほっとねっと  【事業担当課】地域包括支援センター

事業概要

 高齢者の健康づくり、生きがいづくりとともに、触れ合いの場所づくりを目的として、月1回、コミュニティ・カフェほっとねっとで、1時間ほど笑いヨガなどの活動を行い、その後1時間ほど食事をしながら交流を図るなどしました。

 落語を聞いている写真です 参加者同士が交流している写真です

相乗効果

 当初の予定を上回り、延べ216人に参加していただき、参加した男性から、妻に先立たれて日々の食事に困っているので、食事もできて気軽に立ち寄れる場所があればとの話がありました。3年間のコミュニティ・カフェ運営の実績を持つ法人が企画することにより、各種団体との連携などが柔軟かつ円滑に実施できました。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価しました。
協働評価シート [PDFファイル/141KB]

公民館単位での介護予防教室

 【提案団体】NPO法人新居浜いきいき工房  【事業担当課】地域包括支援センター

事業概要

 高齢者が自身や家族に介護が必要になってから介護予防に関心を持つのではなく、元気なときから日常生活の中で取り組める運動を学び、健康に楽しく生活をしていくため、おおむね60歳以上を対象に、金栄・垣生・神郷・船木公民館、総合福祉センター別子山分館で介護予防教室を実施しました。教室では、介護予防の重要性を啓発するとともに、自宅でも取り組める運動や栄養改善、口腔ケア、認知症予防などの講義を行いました。
介護予防教室の写真です 認知症予防についての講義の写真です

相乗効果

 参加者は介護予防の必要性を認識するとともに、日常生活の中で取り組むことができる介護予防について学ぶことができました。また、市政だよりなどで教室の周知を行ったことで、より多くの市民に参加したもらうことができました。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価しました。
協働評価シート [PDFファイル/165KB]

誕生学~うまれてきてくれてありがとう~

 【提案団体】Team 縁 ~yukari~  【事業担当課】学校教育課

事業概要

 惣開小学校など5校で小学3~4年生の児童を対象に、誕生学プログラムを実施しました。産み生まれる力を再認識することで自尊感情を育むとともに、命の大切さや命をつなげる尊さを感じ、いじめや自殺を防止します。参観日に実施することで保護者の参加もありました。
誕生学プログラムの写真です 誕生学プログラムの写真です

相乗効果

 Team 緑と協働で事業を行うことで、誕生学アドバイザーの専門的でかつ、子どもたちに分かりやすい誕生学プログラムを実施することができました。生きていることの幸せや命をつないでくれた家族への感謝、自分が愛されて生まれてきたことを再認識でき、自尊感情を高め、心に残る授業が実施できた事業となりました。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価しました。
協働評価シート [PDFファイル/153KB]

高校生から始めるDV根絶プロジェクト

 【提案団体】国際ソロプチミスト新居浜みなみ  【事業担当課】男女共同参画課

事業概要

 高校生に向けてのDV防止講演会を市内の6校で開催し、約3,000人の生徒が参加しました。また、高校生有志と大人を交えたワークショップには高校生・高専生約30人の参加がありました。このほか、高校生にアンケート調査を行った結果やDV根絶のメッセージなどを掲載したリーフレットを作成し、市内の高校生に配布しました。

DV防止講演会の写真です 高校生ワークショップの写真です

相乗効果

 アンケートと啓発資料を市担当課と話し合いを行いながら提案団体が作成し、高校生に配布しました。高校生を対象とした意識啓発を図ることで、DV根絶に向けて若いうちから意識改革し、新居浜市の未来がより明るくなると期待できます。

協働評価

協働の基本原則が守られていたかどうかなどを提案団体と行政が相互点検し、評価しました。
協働評価シート [PDFファイル/138KB]

協働事業市民提案採択事業トップページに戻る


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ