ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 学校教育課 > 平成24年度新居浜市中学生国際交流事業(海外派遣)

平成24年度新居浜市中学生国際交流事業(海外派遣)

目的

 

 21世紀を担う中学生を外国に派遣し、現地の人々との交流や異化体験を通して、その国の文化、経済、生活習慣、国民性等の違いを肌で感受することにより、国際理解を深め、豊かな国際感覚と日本人としての自覚と責任感を身に付け、これからの国際社会に貢献できる人材の育成と友好親善の絆を結ぶために実施する。


平成24年度新居浜市中学生国際交流事業アメリカ訪問団

The Bonds of Friendship Link the World

― 絆が世界を結ぶ ―

1 アメリカ訪問団の概要 

 (1) 派遣先 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 フランクリン市

 (2) 期間 平成24年10月27日(土曜日)~11月6日(火曜日)

 (3) 訪問先 フランクリン高等学校、フォレストパーク中学校等を訪問

                       ホームステイ(8泊)

 (4) 派遣人数 中学生21名(1年生10名、3年生11名)

           引率指導者2名

 (5) 派遣日程 派遣日程について

2 壮行会・結団式

 (1)日時  平成24年10月12日(金曜日) 16時00分~
 (2)場所  新居浜市文化振興会館 3階

 藤田幸正市議会議長を来賓に迎え、壮行のお言葉をいただきました。

 また、阿部教育長から「国際的視野を広め、たくましく生きる力を身に付けてきてください。」との激励の言葉がありました。

壮行会全体の風景  藤田幸正市議会議長の壮行のお言葉

 訪問団員を代表して、川東中3年生の中野さんが、「新居浜市の代表としての自覚を持ち、失敗を恐れず積極的に行動し、友好親善の絆を強めてきます。現地(アメリカ)の文化や慣習を肌で感じ、異文化についてたくさんのことを学んできます。」と決意を語りました。

 さらに、団員の保護者代表の方から、ご自身のホームステイの経験をまじえ、「温かい私たちと同じ心を持った人たちとの触れ合い、その幸せを感じて帰って来てください。」との壮行の言葉をいただきました。

団員のあいさつ  保護者代表のあいさつ

1年生団員  3年生団員

3 出発式

 (1)日時 平成24年10月27日(土曜日)11時35分~

    ※正午に市役所を出発

 (2)場所 新居浜市役所 1階ロビー

 訪問団を代表して、団長の佐々木指導主幹(学校教育課)と西中3年生の金尾さんそれぞれが、アメリカへの出発に向けて決意と抱負を語りました。

 また、(前)佐々木市長から、出発に際して壮行のお言葉をいただきました。

 団員の家族や友人、学校関係者等100人を超える方々が見送りに来てくださいました。

団長あいさつ  団員のあいさつ

(前)佐々木市長あいさつ  見送りに来た方々

(前)市長・教育長と団員の集合写真

4 現地等の様子

 (1)10月28日(日曜日) 10時45分

 成田空港を出発。アメリカに向けて約13時間の飛行機の旅です。

 (2)10月28日(日曜日) 8時15分 ※以下現地時間

 シカゴ空港へ到着。フランクリン高校へ向かう途中、シカゴ市内を社会見学(シアーズタワー・日本食品マーケット等)

 14時40分 フランクリン高校へ到着。ホストファミリーと対面後、各自ホームステイ先の家庭へ・・・9日間のホームステイ生活が始まります。

シカゴに到着  シアーズタワーからのシカゴの街

 

 (3)10月29日(月曜日)

 現地の学校が休日となったため、終日、ホストファミリーと過ごしました。

 

 (4)10月30日(火曜日) 7時50分~17時

    10月31日(水曜日) 8時20分~14時10分

 現地の学校が休日やテスト日となったため、30日(火曜日)はパートナーといっしょに「ハウス・オン・ザ・ロック」へ、31日(水曜日)は「ミルウォーキー博物館やミラーパーク野球場」へそれぞれ社会見学

  

ハウス・オン・ザ・ロックの見学  ミラーパークの見学

 (5)11月1日(木曜日)・2日(金曜日) 7時15分~15時30分

 パートナーといっしょにフォレストパーク中学校(1年生)・フランクリン高校(3年生)へ学校訪問・授業参加

フランクリン高校にて  フランクリン高校で記念撮影

フォレストパーク中学校にて  フォレストパーク中学校での授業風景

登下校のスクールバス  教室の様子

 (6)11月3日(土曜日)

 終日、ホストファミリーと過ごしました。

 (7)11月4日(日曜日) 16時~19時

 ホストファミリー、現地学校関係者等といっしょに夕食を兼ねて「お別れ会」を開催。フランクリン高校日本語クラスのケニア先生から団員全員に「在校証明書」が渡されました。

 団員たちは、「上を向いて歩こう」等を合唱、書道や空手など日本の文化を披露し、親睦を図りました。

ケニア先生から在校証明書  上を向いて歩こうを合唱

けん玉に挑戦  空手を披露

書道を披露  引率者のあいさつ

 (8)11月5日(月:最終日) 6時30分

 フランクリン高校へ集合。パートナー・ホストファミリーとの最後のお別れです。 ※7時に日本に向けてフランクリン高校を出発

最終日にフランクリン高校で記念撮影  ホストファミリーとの最後のお別れ

5 帰着式

 (1)日時 平成24年11月6日(火曜日) 22時45分

 (2)場所 新居浜市役所 1階ロビー

 11日間の日程を終え、全員無事に「ふるさと・新居浜」へ帰ってきました。

 訪問団員を代表して、中萩中3年生の秦さんから、アメリカ訪問の感想や関係者への感謝の言葉・帰着の報告を含め、あいさつがありました。

 阿部教育長から、海外での不慣れな生活に対しねぎらいの言葉と「皆さんのこの貴重な経験を自身の今後の生活に生かしてほしい。また、自校の他の生徒たちにも広く周知してください。」とのあいさつがありました。

 なお、深夜にもかかわらず、多くの方々が出迎えに来てくれました。

 団員たちは、一回り成長して帰ってきました。今後の活躍に期待します…。

団員から帰着の報告  団員一同

教育長のあいさつ  保護者の出迎え

6 報告会

 (1)日時 平成24年12月16日(日曜日)13時30分~

 (2)場所 新居浜市立女性総合センター(ウイメンズプラザ)3階

 石川勝行市長を来賓に迎え、団員21名が4班に分かれて、出発式から、現地での学校訪問や社会見学、ホストファミリーとの生活、帰着式までの様子について、それぞれ発表しました。

 また、団員の船木中1年生の矢野さんから関係者に対して感謝とお礼の言葉がありました。

市長のあいさつ 団員一同

班の報告1 班の報告2

報告会全体風景 団員代表挨拶

教育長挨拶 団員と保護者集合写真

※本日の報告会をもって平成24年度のアメリカ訪問団は解散となりますが、「新居浜市中学生国際交流事業(海外派遣)」で得た貴重な体験をこれからの学校生活、今後の人生に生かしてもらいたいと思います。また、将来の新居浜市を担い、国際感覚を身に付けた社会人となっていただけるよう期待します。

 そして、大人になったとき、新居浜市の子どもたちのために、自分にできることで社会に貢献されるよう強く願います。


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ