ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > ごみ減量課 > 3Rでごみを減らしましょう

3Rでごみを減らしましょう

全市民参加で3Rに取り組みましょう

  ごみの減量や限りある資源やエネルギーの節約、地球温暖化等の環境への負担を減らし、持続可能な循環型社会の構築のため、全市民による3R (スリーアール)への取り組みが求められています。

※3Rとは、Reduce (リデュース:発生抑制)、Reuse (リユース:再使用)、Recycle (リサイクル)の頭文字をとったもの


  Reduce (リデュース) ~ごみを出さないことからはじめよう~

●マイバッグを持参し、レジ袋を辞退しましょう。

※市内のスーパーマーケットでは、レジ袋の無料配布を中止しています。

●バラ売り商品を選んだり、過剰な包装を断りましょう。

●不要な買い物をせず、食品等は食べ切れる分だけ買うようにしましょう。

●食材は無駄なく使い、料理は食べ切れる分 (腹八分目)だけ作るようにしましょう。

●水筒を持参したり、マイ箸やマイカップを持ち歩くようにしましょう。


Reuse (リユース) ~使えるものは何度でも使おう~

●フリーマーケットなどを利用して、再使用をしましょう。

※市では、不用品伝言板を設置しています。

●モノを大切に使い、壊れたものは修理して長く使いましょう。

●使い捨て商品より、繰り返し何度でも使用できる商品を選びましょう。

※ジュース瓶やビール瓶、一升瓶などのリターナブル容器は、洗って何度でも使用できます。

●詰め替え商品を選択し、容器は何度も利用しましょう。


Recycle (リサイクル) ~再び資源として利用しましょう~

●ごみの分別を徹底し、再利用できるものはリサイクルルートにのせましょう。

※ごみとして回収されたもののほとんどがリサイクルされます。

●資源ごみの集団回収を利用しましょう。

※市では集団回収を行っている団体に対する補助を行っています。

●食品トレイなどはスーパーの店頭回収を利用しましょう。

※充電式電池やボタン電池、使用済カートリッジ、携帯電話等も販売店等で店頭回収できます。

●生ごみはコンポスト等でたい肥化しましょう。

※市では、生ごみ処理機の購入に対する補助を行っています。

●リサイクル商品やエコ商品の購入やグリーン購入を心がけましょう。

※グリーン購入とは、環境負荷ができるだけ小さい製品やサービスを選ぶことです。

 


このページのトップへ