ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > ごみ減量課 > 使用済み天ぷら油のリサイクル

使用済み天ぷら油のリサイクル

 市民の皆さんから提供いただいた使用済みの天ぷら油は、バイオディーゼル燃料に生まれ変わります。

バイオディーゼル燃料とは

バイオディーゼル燃料とは、使用済み天ぷら油より精製される軽油代替燃料の事です。

燃焼時に発生する二酸化炭素は、植物の成長過程で光合成により吸収されるため、二酸化炭素排出ゼロの燃料として認められています。

また、使用済み天ぷら油を原料としているので、石油資源を使用することがなく、石油資源の保護にも繋がります。

他にも、凝固剤によって固めて廃棄されていた使用済み天ぷら油を再利用することでごみの削減にも繋がります。

【バイオディーゼル燃料の長所】

(1)燃費は軽油とほとんど変わりません。

(2)多くの疾病原因と言われている黒煙の発生を、軽油の6分の1~3分の1に軽減できます。

(3)小児ぜんそく、アトピー等の原因と言われる硫黄酸化物をほとんど含みません。

全国では、路線バス、スクールバス、ボイラー燃料等、いろいろな用途に利用されています。皆さんも、バイオディーゼル燃料を利用しませんか。                                                 

バイオディーゼル燃料精製までの流れ

使用済み天ぷら油持参時のお願い

(1)必ずペットボトルなどの密閉容器に入れてお持ちください。

(2)オリーブオイル、ラードは再利用できませんので持ち込まないでください。

(3)回収ボックスに入りきらないほどの多量の油をお持ちいただく場合は、事前にごみ減量課(65-1252)へご連絡ください。

使用済み天ぷら油の回収場所

(1)市役所1階ロビー(月~金 8時30分~17時15分)

(2)さんさん産直市(登道商店街 毎月第4日曜日 9時00分~13時00分)  

(3)その他の場所

使用済み天ぷら油の回収実績

油回収量

お近くの回収場所に気軽にお持ちください。


このページのトップへ