ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > ごみ減量課 > ごみの出し方についてのお願い(重要)

ごみの出し方についてのお願い(重要)

スプレー缶等の出し方についてのお願い

屋内でスプレー缶を処理したことが原因と思われる事故が多発しています。

スプレー缶等を処分する際には、以下のことに気をつけてください。

〇 必ず中身を使い切ってください。

〇 中身がある状態で、穴を開けないでください。

〇 ガス抜き作業を行う場合は、屋外の風通しの良い場所で行ってください。  

 ガス抜きの方法は、容器に書かれている説明を確認してください。

   (説明がない場合は、製造元もしくは、販売元へお問い合わせください。)

中身を使い切って穴を開けることで、火災や爆発を防ぐことができます。

不燃ごみの出し方について 

 電気製品についているコード類は切ってください。 (本体とともに不燃ごみで出してください。ごみ同士がからみつき、火花が発生する可能性があります。)

 30センチメートル以上のごみ (傘や取っ手の付いたフライパン、その他30センチメートルを超える小型電気製品など)は出さないでください。 (大型ごみとして戸別収集に申し込んでください。) 

びんの出し方について

  飲食用びんについてはステーションに設置してあるコンテナへ色別にバラで出してもらうようになりましたが、金属製のキャップ等がついたまま出されているケースが目立ちます。

  びんのキャップは必ず外し、金属製のものは不燃ごみ、プラスチック製のものはプラスチック製容器包装として出してください。 (栄養ドリンクなどのびん口の金属製のリングも必ず外し、不燃ごみとして出してください。プラスチック製の中ぶたなど、はずしにくいものはそのままで構いません。また、びんのラベルも無理にはがす必要はありません。)


無色透明びんの写真
茶色びんの写真
その他の色のびんの写真

必ずキャップをはずした状態で色別に


びんのリング状の部分は取り除く びんの取れにくいふたはそのままで

プラスチック製容器包装の出し方について

 容器の中身を取り除き、軽く水ですすぎ、汚れを落として出してください。

 商品が入っている容器や包装が対象となりますので、商品そのもの(バケツ、洗面器、タッパー、CDなど)は対象外です。商品そのものは「燃やすごみ」として出してください。

 ごみ分別大辞典について

 ごみの出し方については、ごみ分別大辞典をご活用ください。


このページのトップへ