ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 広瀬歴史記念館 > 特別企画展「端出場水力発電所の建設」の開催について

特別企画展「端出場水力発電所の建設」の開催について

令和2年度広瀬歴史記念館特別企画展 「端出場水力発電所の建設」

 明治45年に竣工した端出場水力発電所は、別子銅山の近代化を支え、鉱山から派生した機械・化学工業など諸産業の発展に大きな役割を果たしました。その特徴は、遠方の水源から水路と坑道を利用して水を集め、東洋一といわれる落差を利用して発電したことです。

 本企画展では、耐震補強工事が進められている端出場水力発電所の建設について、ご紹介いたします。


1 会   場 新居浜市広瀬歴史記念館 展示館

2 会   期 令和2年10月13日(火曜日)から11月29日(日曜日)まで

  期間中の休館日
10月19日(月曜日)、26日(月曜日)
11月2日(月曜日)、4日(水曜日)、9日(月曜日)、16日(月曜日)、23日(祝日・月曜日)、24日(火曜日)

3 開館時間 9時30分~17時30分 (入館は17時00分まで)

4 観 覧 料  一般:550円
         団体(20名以上):440円
         市内在住65歳以上:270円
         各種障がい者手帳等をお持ちの方と介助者1名:270円
         18歳未満及び高校生、大学生等:無料


R2

   特別企画展チラシ [PDFファイル/1.61MB]


※新型コロナウイルス感染症予防対策として、例年より規模を縮小して開催いたします。


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ