ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 一般不妊治療費助成事業について

一般不妊治療費助成事業について

対象者

以下のすべてに該当する方

  • 夫婦いずれもまたはいずれか一方が新居浜市内に1年以上住所を有する法律上の夫婦であること(※夫婦の住所が違う場合、他の市町村等で助成申請をされる方は対象となりません。)
  • 夫婦のいずれもが新居浜市税等を滞納していないこと
  • 夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること
  • 人工授精を実施した日に妻の年齢が43歳未満であること

対象となる治療等

市内の医療機関または愛媛県内の特定不妊治療の指定医療機関で行った、夫の精子を医学的な方法で妻の子宮に注入する一般不妊治療で、医療保険各法に基づく給付の対象とならないもの。

助成金額及び助成期間

  ・ 人工授精に要した費用。上限額は5万円。

  ・ 1年度に1回の申請で、通算2回を限度として助成します。

申請方法

       ・一般不妊治療費助成事業の申請をされる方へ [PDFファイル/117KB]

治療が終了した年度内に、以下の必要書類を持って、保健センターまで申請してください。

関係リンク

愛媛県での「特定不妊治療費助成事業」および、不妊治療相談につきましては、以下のリンクをご参照ください。

愛媛県:特定不妊治療費助成事業<外部リンク>
愛媛県心と体の健康センター:不妊専門相談について<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ