ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 新型コロナウイルス感染症に関連する情報について

新型コロナウイルス感染症に関連する情報について

1 新型コロナウイルス感染症について

 国内でも感染者が発生している新型コロナウイルス感染症について、国・愛媛県等においても最新の情報が遂次公表されております。
詳細や最新の情報につきましては、次の関連リンクをご覧ください。

(参考)コロナウイルスとは
人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。
人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。詳細は、国立感染症研究所の情報ページをご参照ください。

2 市民の皆さんへ

県内においても、令和2年3月2日以降感染者が報告されており、その情報は、愛媛県庁から公表されております。詳しくは、愛媛県のホームページをご覧ください。


愛媛県知事メッセージ

新居浜市内の状況

新居浜市内でも感染者が発生しました。今後とも、厚生労働省や愛媛県、関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。

市民の皆さんには過剰に心配することなく、手洗いの徹底や咳エチケット等のほか、換気が悪く、人が密に集まる空間を避けるなど感染対策に努めていただきますようお願いいたします。

※マスクについてのお願い

マスクは、現在、品薄状態となっています。
予防用にマスクを買われている方が多いですが、風邪や感染症の疑いのある方にマスクを届けるために必要な分だけ買うようにしましょう。
厚生労働省において、マスクの適正購入等について周知を行っています。

※トイレットペーパーは不足していません!

SNS等において、トイレットペーパーやティッシュペーパーが不足するとの情報が広がっていますが、これらの紙製品は需要を満たす十分な供給量・在庫が確保されています。
安心して落ち着いた行動をお願いいたします。

3 正しい情報に基づいた適切な対応のお願い

新型コロナウイルス感染症に関して、インターネットやSNS等で様々な情報が掲載されていますが、中には真偽不明の情報があり、拡散は多くの方の不安をあおり、混乱を生じかねません。
新型コロナウイルス感染症に関する情報は、日々更新されておりますので、信頼できる情報を厚生労働省や愛媛県、新居浜市など公的機関のホームページ等で確認していただきますようお願いいたします。

不確かな情報に惑わされないよう、正しい情報のもと、適切な対応をお願いいたします。

4 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診日の目安について

 新型コロナウイルス感染症の相談・受診についての目安です。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安 [PDFファイル/119KB]

5 新型コロナウイルスに関するQ&A

6 「帰国者・接触者相談センター」が設置されています

愛媛県と松山市が合同で、24時間相談対応に当たる新たな電話相談窓口を開設しました。
「帰国者・接触者相談センター」は、疑い例に当てはまる方を専門医療機関(「帰国者・接触者外来」)につなぐための窓口ですので、一般的な相談は、保健所等の一般相談窓口をご利用くださいますようお願いします。
※令和2年3月9日より、24時間相談窓口の開設に伴い、従来の電話番号から変更になりました。

帰国者・接触者相談センター連絡先

帰国者・接触者相談センター

電話番号 089-909-3483

24時間対応(土・日・祝日も実施)

新型コロナウイルス感染症に感染している疑いがある方に、専門医療機関(帰国者・接触者外来)での診療を受けていただくため、可能な限り、平日9時00分から17時00分の間におかけくださいますようお願いします。
比較的症状の安定している方は、翌朝の9時以降に相談いただくようお願いします。
夜間・休日はお近くの医療機関への受診が困難な場合や、受診先の医療機関が決まるまでに時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

 

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」に相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます。)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

   ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上記の状態が2日程度続く場合

 

次に掲げる「感染が疑われる患者の要件」も確認したうえで新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、受診していただく医療機関を調整します。

感染が疑われる患者の要件

  1. 発熱または呼吸器症状があり、新型コロナウイルス感染症であることが確定した方と濃厚接触歴(※1)がある方
  2. 37.5度以上の発熱と呼吸器症状があり、発症前14日以内に「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」(※2)に渡航または滞在していた方
  3. 37.5度以上の発熱と呼吸器症状があり、発症前14日以内に「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」(※2)に渡航または滞在していた方と濃厚接触歴(※1)がある方
  4. 発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が集中治療が必要であり、特定の感染症と診断することができないと判断し、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要する方

※1濃厚接触とは

  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった方
  • 適切な感染防護なしに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していた方
  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方

※2 WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域とは、以下の地域とされています。

  • 中華人民共和国湖北省、浙江省
  • 大韓民国大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡
  • サンマリノ共和国
  • アイスランド共和国
  • アイルランド共和国
  • アンドラ公国
  • イタリア共和国
  • エストニア共和国
  • オーストリア共和国
  • オランダ王国
  • スイス連邦
  • スウェーデン王国
  • スペイン王国
  • スロベニア共和国
  • デンマーク王国
  • ドイツ連邦共和国
  • ノルウェー王国
  • バチカン
  • フランス共和国
  • ベルギー王国
  • ポルトガル共和国
  • マルタ共和国
  • モナコ公国
  • リヒテンシュタイン公国
  • ルクセンブルク大公国
  • イラン・イスラム共和国 

7 一般相談窓口

「感染が疑われる患者の要件」に当てはまらない方からの相談は、次の窓口までお問い合わせください。
※令和2年3月7日より、24時間相談窓口の開設に伴い、従来の電話番号から変更になりました。

 

電話番号

受付時間

愛媛県
コールセンター
【一般相談】

089-909-3468

24時間対応(土・日・祝日も実施)

保健センター

0897-35-1070

8時30分から17時15分まで(土・日・祝日を除く)

厚生労働省

0120-565653
(フリーダイヤル)

9時00分から21時00分(土・日・祝日も実施)

厚生労働省
(電話でのご相談が難しい方)

FAX :03-3595-2756

――

保健センターへの問合せに関するQ&A

問い合わせ内容

回答の参考となる上記情報番号

症状がある場合、どこの医療機関を受診すればよいですか。

『6 「帰国者・接触者相談センター」が設置されています』をご覧になり、対象となる方は、「帰国者・接触者相談センター」(089-909-3483:24時間対応)に相談してください。

それ以外の方は、一般相談窓口に相談してください。

マスクが店舗になく、購入できません。
どこで購入できますか。

【マスクについてのお願い】を参考にしてください。
感染予防には、丁寧な手洗いが重要です。咳エチケットにも努めましょう。

身近での感染者の発生が心配です。どこで分かりますか。

愛媛県内に発生した場合は、愛媛県知事が報道発表します。『1 新型コロナウイルス感染症について』から愛媛県のホームページで確認してください。

新居浜市に感染者が発生した場合も愛媛県知事が報道し、新居浜市のホームページに掲載しますので、確認をしてください。

8 海外旅行を予定している方へ

9 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号から下船された愛媛県関係者への対応について(2020年2月25日更新)

(愛媛県ホームページより抜粋)

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」からの下船者について、厚生労働省(検疫所)から、愛媛県関係者が7名含まれているとの連絡がありました。
愛媛県では保健所を通じ7名の方に連絡を取り、いずれも発熱や咳などの症状はなく、自宅等で待機されていることを確認しています。
今後、下船後14日間は毎日連絡を取り、健康観察を行います。
また、7名全員に対し2月24日(月曜日)にPCR検査を実施し、全員陰性であることを確認しました。
なお、健康観察期間中に、万が一体調に変調があった場合には、専門の医療機関で受け入れる体制を整えております。


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ