ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域包括支援センター > 新型コロナウイルス感染症感染拡大状況に応じた健康長寿地域拠点(PPK体操)活動の運営について

新型コロナウイルス感染症感染拡大状況に応じた健康長寿地域拠点(PPK体操)活動の運営について

全国的に新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況の中、夏休みやお盆の時期を控え、県外からのウイルスの持ち込みが懸念されます。市民の皆さまは、大変ご不安なことと思いますが、引き続き気を緩めることなく感染回避行動の徹底をお願いします。
現在、拠点活動は、「新しい生活様式」を取り入れ、安心・安全に運営していただいております。
それに加えて、今後は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況に応じた運営をお願いします。
このことによって、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。

※7月27日に新居浜市で新型コロナウイルスの新規感染者が確認されたため、3週間後の8月17日までは段階2の運営方法で拠点活動を行ってください。8月17日までに更なる新規感染者が確認されなければ、8月17日からは段階1に引き下げてください。8月17日までに更なる新規感染者が確認された場合は、最後に新規感染者が確認された日から3週間程度経過する日までは段階2で拠点活動を行ってください。

※健康長寿地域拠点活動とは
地域の方が主体となって、送迎に頼らない身近な場所に通いの場(拠点)をつくり、PPK体操を主とした介護予防や健康づくり、仲間づくりを行うことで、地域に住んでいる方同士で介護予防支援が可能な地域づくりを目指す活動です。

Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ