ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 人事課 > 臨時職員(一般事務補助)の募集について(平成29年8月以降任用予定)

臨時職員(一般事務補助)の募集について(平成29年8月以降任用予定)

1 任用人員

  若干名

2 職務内容

  本庁又は出先機関に勤務し、一般事務などに従事します。

  ○ワード、エクセルによる文書や表の作成

  ○書類の管理・保管

  ○郵便物の発送・収受

  ○電話、窓口での対応業務  など

3 申込資格

  以下の要件を全て満たす人

  (1)パソコン(ワード・エクセル)の基本操作ができる人

  (2)高等学校以上を卒業した人

  (3)採用後市内に居住可能な人

  (4)地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条各号のいずれにも該当しない人

  (5)過去に新居浜市臨時職員として2年間任用されたことが無い人

4 試験

  面接試験を実施予定。

  試験日時は追ってご連絡します。

5 賃金

  日給 6,630円

  ほかに通勤手当(正規職員に準じる)・期末手当有り

6 保険関係

  健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入

7 勤務時間

  原則、8時30分から17時15分(60分の休憩含む)

  ※勤務課所により変更有り

8 休日

  原則、土曜日、日曜日、国民の祝日

  有給休暇は任用期間に応じて付与(例:任用期間6ヶ月の場合は6日)

9 任用期間

  合格者は合格者名簿に登録し、以下の場合に成績順に準じ任用します。

  ○臨時職員を任用する必要が生じた場合

  ○臨時職員に欠員が生じた場合

  地方公務員法第22条により、1年間(6か月以内の更新)を限度とし、予算の範囲内で任用します。

  (勤務成績良好の場合、任用期間更新の可能性あり)

10 応募方法

  執務時間中(8時30分~17時15分)に、履歴書(顔写真貼付、一般事務希望と明記)を人事課(市役所3階)へ提出してください。

参考(地方公務員法-抜粋)

(欠格条項)
第16条  次の各号の一に該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。

(1)成年被後見人又は被保佐人
(2)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3)当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(4)人事委員会又は公平委員会の委員の職にあつて、第5章に規定する罪を犯し刑に処せられた者
(5)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者


このページのトップへ