ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 人事課 > 臨時職員(衆議院議員補欠選挙)の募集について

臨時職員(衆議院議員補欠選挙)の募集について

1 任用人員

  1名

2 職務内容

  選挙管理委員会事務局に勤務し、10月22日執行予定の衆議院小選挙区選出議員補欠選挙における事務などに従事します。

  (1)期日前投票に関する事務

  (2)投開票に関する事務

  (3)選挙管理委員会事務局の各種事務補助

  など

3 申込資格

  以下(1)~(6)の要件を全て満たす人

  (1)パソコン(ワード・エクセル)の基本操作ができる人

  (2)高等学校以上を卒業した人

  (3)採用後市内に居住可能な人

  (4)地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条各号のいずれにも該当しない人

  ※時間外勤務や軽作業などがありますので、体力に自信がある方を希望します。

4 試験

  9月5日(火) 16:00より面接試験を実施。

  定刻までに人事課(市役所3階)に集合してください。

5 賃金

  日額 7,330円

  ほかに通勤手当(正規職員に準じる)あり

6 保険関係

  健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入。

7 勤務時間

   8時30分~17時15分 (休憩時間60分含む)

   1カ月あたり80時間程度の時間外勤務あり。

8 休日

  土曜日、日曜日、国民の祝日

  ただし休日出勤あり(休日出勤の場合は時間外勤務手当を支給します)

9 任用期間

  平成29年9月15日(金)~平成29年11月15日(水) 

  ※任用期間の更新はありません。

10 応募方法

  8月31日(木)までの執務時間中(8時30分~17時15分)に、履歴書(顔写真貼付)を人事課(市役所3階)へ提出してください。

参考(地方公務員法-抜粋)

(欠格条項)
第16条  次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。

(1)成年被後見人又は被保佐人
(2)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3)当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(4)人事委員会又は公平委員会の委員の職にあつて、第60条から第63条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
(5)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者


このページのトップへ