ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 介護福祉課 > 介護保険サービス種類一覧

介護保険サービス種類一覧

介護認定を受け、要支援または要介護状態であると認定された場合、居宅では以下のようなサービスを受けることができます。

訪問通所系サービス
(介護予防)訪問介護
(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーがご家庭を訪問し、家事(調理・掃除・買い物など)や介護(入浴・排泄の介助など)を行うサービスです。
(介護予防)訪問入浴介護移動可能な浴槽を、ご家庭に運び入れ、入浴させてくれるサービスです。
(介護予防)訪問リハビリテーション主治医の指示により、理学療法士や作業療法士がご家庭を訪問し、機能訓練などを行うサービスです。
(介護予防)訪問看護主治医の指示により、看護婦や保健婦がご家庭を訪問し、健康チェックや看護・療養支援・助言を行うサービスです。
(介護予防)通所リハビリテーション主治医の指示により、理学療法士や作業療法士がいる施設へ出かけて行き、施設で機能訓練などを行うサービスです。
(介護予防)通所介護(デイサービス)健康チェック・入浴・食事・日常の動作訓練などを行う施設に出かけて行き、施設で受けるサービスです。
特定(介護予防)福祉用具販売

福祉用具のうち入浴、排せつのための用具等の販売のサービスです。

短期入所系サービス
(介護予防)短期入所生活介護
(ショートステイ)
冠婚葬祭や介護されている方の病気などの場合に、特別養護老人ホーム等で介護の必要な高齢者の方に短期間入所していただき、日常生活のお世話をするサービスです。
(介護予防)短期入所療養介護冠婚葬祭や介護されている方の病気などの場合に、療養型病床群などの医療施設で、医学的管理の必要な高齢者の方に短期間入院していただき介護するサービスです。
                  地域密着型サービス  サービスの事業者指定についてはこちら
夜間対応型訪問介護夜間の定期的な巡回訪問または通報により、家事や介護を行うサービスです。
(介護予防)認知症対応型通所介護認知症の高齢者の方が、健康チェック・入浴・食事・機能訓練などを行う施設に出かけて行き、施設で受けるサービスです。
(介護予防)小規模多機能型居宅介護心身の状況や、置かれている環境、本人の選択等にもとづいて、居宅または痛所、短期間宿泊することにより健康チェック・入浴・食事・機能訓練などを行うサービスです。
(介護予防)認知症対応型共同生活介護認知症の高齢者の方が対象です。住宅などで8人程度の利用者が、お世話をする人と共に共同生活をします。
その他のサービス
(介護予防)居宅療養管理指導医師、歯科医師、薬剤師等から介護上の助言を受けるサービスです。
(介護予防)福祉用具貸与介護に必要な各種福祉用具の貸与が受けられます。
(介護予防)福祉用具購入
(※償還払いになります)
貸与になじまない福祉用具について、購入費用の9割を介護保険からお支払いできます。支給上限額は1年間に9万円となっています。購入の前に居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)とよくご相談ください。
(介護予防)住宅改修
(※償還払いになります)

在宅での生活に支障がないように、手すりの取り付け等の小規模な住宅改修を行った場合、かかった費用の9割分(支給上限18万円)が保険から支給されます。
また、これから新築する場合や、増築で新たに居室を設ける場合などは対象となりませんのでご注意ください。工事着工の前に市の承認が必要ですので居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)とよくご相談ください。
住宅改修の詳しい説明はこちらへ



※償還払いとは?
介護保険のサービスを利用する場合、原則として利用者は1割負担でサービスを受けることがことができますが、以下のような場合については、償還払い(利用時に全額を一度支払い、申請書を提出して9割分の償還を受ける)となります。詳しい申請方法は市役所介護福祉課までお問い合わせください。

・福祉用具の購入
・住宅の改修
・高額介護サービス費の支給
・ケアプランを作成せずに介護サービスを使用した場合
・ケアプランにない介護サービスを受けた場合
・保険料滞納による給付支払い方法の変更の場合


このページのトップへ