ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 介護福祉課 > 障害者控除対象者の変更について

障害者控除対象者の変更について

 介護保険の要支援・要介護認定を受けている65歳以上の人は「障害者に準ずる」
として、年末調整や確定申告などで所得税や住民税の障害者控除または特別障害者
控除の対象としていました。

 平成30年からは、比較的軽度の認定者である「要支援1」と「要支援2」のうち、ほぼ
自立されていると考えられる人は、障害者控除の対象外となります。

 ※ほぼ自立されていると考えられる人とは・・・
    要介護認定資料の障害高齢者自立度が自立およびJ かつ 認知症高齢者自立度が自立および1

障害者控除対象者変更表

現行平成30年以降
要支援1~2

要支援1~2
 ただし、障害高齢者自立度が自立およびJ 
 かつ、認知症高齢者自立度が自立および

 1を除く

要介護1~5要介護1~5

 

 

【参考】障害高齢者自立度

ランク判断基準
自立全く障害などを有しない
日常生活がほぼ自立していて、独力で外出可能

 【参考】認知症高齢者自立度

ランク判断基準
自立認知症などの症状はみられない
1何らかの認知症はあるが、生活はほぼ自立

このページのトップへ