ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 平成30年度愛媛県子育て支援員研修について

平成30年度愛媛県子育て支援員研修について

目的

子どもが健やかに成長できる環境や体制を整備するために、子育て支援の担い手となる人材を確保すること、また、子育て支援の仕事に関心を持ち、従事することを希望する人に対し、必要となる知識や技能を習得するための研修を実施して資質の確保を図ることを目的とします。

研修日程等

子育て支援員研修事業実施要項で定められた、子育て支援員基本研修と、4つの専門研修(地域保育コース、地域子育て支援コース、放課後児童コース、社会的養護コース)を実施します。

平成30年9月~平成30年11月の間に、主に松山東雲女子大学・松山東雲短期大学において実施します。研修会場については校舎改修工事のため駐車スペースが限られています。できる限り公共交通機関を利用して受講いただきますようお願いします。なお、やむを得ない理由で自家用車での通学を希望される方は、一時駐車許可願の申込みが必要となります。
お申込みされる方は、「一時駐車許可願」に必要事項をご記入の上、受講申込書と合わせてお申込みください。。
また、託児について0歳から3歳までの未就学児を対象に無料の託児サービスを行います。
お申込みをされる方は「託児申込書」に必要事項をご記入の上、受講申込書と合わせてお申込みください。

詳しい日程は、平成30年度愛媛県子育て支援員研修日程 [PDFファイル/61KB] をご参照ください。

 

○受講できるのは、愛媛県内に住所がある方になります。
○基本研修を修了していない場合は、専門研修は受講できません。
ただし、保育士、社会福祉士、看護師、保健師、幼稚園教諭免許状をお持ちの方で、その確認が取れる方は基本研修を免除します。
○専門研修のうち、「利用者支援事業基本型」を受講される場合は、相談及びコーディネート等の業務内容を必須とする市町村長が認めた事業や業務(例:地域子育て支援拠点事業、保育所における主任保育士業務等)に1年以上の実務経験を予め有していることが条件となります。
このため、受講申込みにあたっては、市町の児童福祉を担当する部署に勤務経験が証明できるものを持参の上、証明を受けていただき、その証明書を添付した上で申込んでください。
○各定員に対して受講申込者が4名以下の場合は、研修は実施しません。
○研修が修了したと認められた方には、修了証書を交付します。

申込方法

「受講申込書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、松山東雲女子大学・松山東雲短期大学に郵送で申込みをしてください。
申込期間:平成30年7月19日(木曜日)~平成30年7月31日(火曜日))必着

送 り 先:松山東雲女子大学・松山東雲短期大学 子育て支援員研修担当係
     〒790-8531 愛媛県松山市桑原3丁目2-1

個人情報提供のお願い

修了証を交付した方につきましては、市町が実施する各種の子育て支援事業の募集の際に活用することを前提として、受講者の個人情報を市町に提供する予定です。市町への情報提供につきまして、ご同意いただけない場合は当該名簿から削除しますので、その旨をお申し出ください。

○「子育て支援員研修受講に関すること」 
  松山東雲女子大学・松山東雲短期大学 教務課 子育て支援員研修担当係
  電話 089-931-6211(代) Eメール kyoumu@shinonome.ac.jp
○「子育て支援員制度全般に関すること」 
  愛媛県保健福祉部 子育て支援課 保育・幼稚園係
  電話 089-912-2412 Eメール kosodate@pref.ehime.lg.jp 

Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ