ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 産業振興課 > 年次有給休暇の取得促進について

年次有給休暇の取得促進について

計画的に年次有給休暇を取得しましょう!

休暇を取得することは、心身の健康につながるだけでなく、仕事の効率やモチベーションアップにつながり、会社にも社員にもメリットがあります。ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、効率的に働いてしっかり休める職場づくりに取り組みましょう。

年次有給休暇とは

年次有給休暇は、法律で定められた労働者に与えられた権利です。

労働基準法において、労働者は、

〇6か月間継続して雇われていること
〇全労働日の8割以上を出勤していること

この2点を満たしていれば、年次有給休暇を取得することができます。(勤続年数、週所定労働日数等に応じて、年次有給休暇の付与日数は異なります。)

平成31年4月から、使用者は、労働者の年5日間の年次有給休暇を確実に取得させることが必要となります。

労働基準法が改正され、平成31年4月から、使用者は、法定の年次有給休暇が10日以上のすべての労働者に対し、「労働者自らの請求・取得」、「計画年休」及び平成31年4月から新設される「使用者による時季指定」(※)のいずれかの方法で、毎年5日間、年次有給休暇を確実に取得させることが必要となります。

※「使用者による時季指定」とは、法定の年次有給休暇付与日数が10日以上のすべての労働者に対して、年5日までは、使用者が労働者の意見を聴き取ったうえで、時季を指定して取得させるものです。

年5日の年次有給休暇の取得はあくまで最低限の基準です。5日にとどまることなく、計画的付与制度を利用するなど、労働者がより多くの年次有給休暇を取得できるよう、環境整備に努めましょう。

年次有給休暇取得ポスター(表)
年次有給休暇取得ポスター(裏)

関連ウェブサイト


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ