ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 多喜浜公民館 > 塩田の故郷、多喜浜へようこそ

塩田の故郷、多喜浜へようこそ

塩田風景 
(昭和初期の多喜浜塩田)

 多喜浜地域には、かつて、塩田が広がっていました。その面積は、240haにも及び、瀬戸内でも有数の規模を誇っていました。

 多喜浜塩田は、昭和34年に、廃田となり、往時の様子を知る者も年々少なくなってきています。

 そのため、その遺産を後世につなげていく必要があるという地域の願いから、多喜浜公民館を活動拠点とし、多喜浜塩田資料館建設推進委員会が発足しました。

 現在は、委員の皆さんが中心となり、塩づくり体験や遺跡巡りなど、多喜浜塩田に関する歴史や文化の啓発活動に取り組んでおります。

 


このページのトップへ