ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 人権教育課(人権擁護課) > 新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について(お願い)

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について(お願い)

新型コロナウイルス感染症に関連した法務大臣メッセージ

 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別は決してあってはなりません。

 

 法務大臣メッセージは、YouTube法務省チャンネル<外部リンク>からご覧ください。

(クリックすると別ウインドウで開きます)

 

人権にご配慮ください

 新型コロナウイルス感染症が広がりを見せており、本市においても感染例が報告されておりますが、全国的にSNSを中心として、感染者やその家族、治療にあたっている病院関係者、外国から帰国された方や外国人の方などに対する心ない発言や差別的な書き込みが広がっており、感染された方々を特定しようとする情報も飛び交っているとのことです。

 

 市民の皆さんにおかれましては、感染者やそのご家族などに接触された関係者の方々、感染拡大地域からの転入者などに対して、不当な扱い、いやがらせ、いじめ、SNSなどでの誹謗・中傷をしないようにしてください。

 

 新型コロナウイルス感染症に関しては、公共機関等が発表する正しい知識や情報を積極的に入手して、人権に配慮した判断や行動を心がけていただけますようお願いします。

 

新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!

(日本赤十字社「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」より引用)

 

 新型コロナウイルスが怖いのは、「3つの”感染症”」という顔があることです。

知らず知らずのうちに私たちも影響を受けていることをみなさんはご存知ですか?

 

 負のスパイラルで”感染症”が拡がる

 

(1)感染者との接触等によりウイルス感染(第1の感染症「病気」)

                ↓

(2)未知なウイルスで分からないことが多いため不安が生まれる(第2の感染症「不安」)

                ↓

(3)不安から、ウイルスにかかわる人、かかわりそうな人をさける。(第3の感染症「差別」)

                ↓

(1)自分も避けられるのではないかと不安になり、風邪症状などがあっても受診をためらうことで、感染が拡大

                ↓

             負のスパイラル

 

私たちにできること

 この”感染症”の怖さは、病気が不安を呼び、不安が差別を生み、差別がさらなる病気の拡散につながる負のスパイラルで私たちに広がっていくことです。

 ウイルスとの戦いは長期戦になるかもしれません。ウイルスは心の中にも感染します。

心の中の感染は、特効薬やワクチンがないので、自分で連鎖を断ち切るしかありません。

心がウイルスに感染しないためにそれぞれの立場で、できることを行い、みんなが一つになって負のスパイラルを断ち切りましょう。

 

 詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。(発行 日本赤十字社新型コロナウイルス感染症対策本部)


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ