The Industrial Heritage In Niihama
分野1第二次産業分野2鉱業
 名称からみでんしゃ
カラミ電車
 地域四阪島
四阪島へは、所有者の
許可なく入島はできません
大正10年(1921)から昭和30年代まで溶鉱炉から流失するカラミを液状のままカラミ壷に受け、海岸の処理場まで牽引して捨てていた。一列車に、カラミ壷2〜3個を連結して、当時のカラミ運搬に、活躍していた。
【↑】画像をクリックすると拡大します
所在地新居浜市大生院2133−2
所有・管理者愛媛県総合科学博物館
完成年大正10年
参考文献『街道物語2』(新居浜市)
利用状況その他
The Industrial Heritage In Niihama


愛媛県が実施した「愛媛県近代化遺産総合調査」をもとに、
新居浜市産業遺産活用室が編集したものです。

   協力  新居浜市観光協会
Copyright(C)2004 Niihama City,All rights reserved.