ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新居浜市消防本部 > ストーブ火災を防止するために!

ストーブ火災を防止するために!

ストーブ火災は、不注意や誤った使用方法で起こります。

 冬の本番を迎え、皆さんのご家庭では朝目が覚めると「まず暖房器のスイッチを入れる」という方が多いのではないのでしょうか。
 暖房器として昔から広く普及しているストーブですが、不注意や誤った取扱い方をすることが原因で毎年火災が発生しています。
 今回はストーブ火災発生の原因、防止するためのポイントを紹介します。

★ストーブ火災の原因について★

1 乾燥機代わりにしたために

洗濯物が乾きにくいため、少しの間ならとストーブの真上や近くで洗濯物を乾かした。
乾いた洗濯物は軽くなり、ストーブに落下、火災が発生した・・・・。

ストーブの上で干していた洗濯物が落ちて燃えている写真

2 スプレー缶がそばにあったために

スプレー缶がストーブのそばに置いてあったため、ストーブの熱で暖められたスプレー缶の中のガスは膨張し、爆発、火災が発生した。

ストーブの近くにスプレー缶が置いてある写真

3 燃料カートリッジのキャップが閉まっていなかったために

ストーブを使用中、灯油が切れ、点火したまま燃料カートリッジを抜き給油した。セットしようとしたらキャップから燃料が漏れ、ストーブに引火、火災が発生した。

4 灯油と間違えたために

燃料を給油するとき、灯油とガソリンを間違えて給油、ストーブを点火したら、火災が発生した。

灯油とガソリンを間違えて給油した写真

★ストーブ火災を防止するために★

(1) 使用前には、点検整備を行なう。

(2) カーテン、ふすま、カーテンの近くでは使用しない。

(3) 可燃物を近くに置かない。

(4) 洗濯物を乾かすなど、乾燥機代わりにしない。

(5) 外出、そばを離れるときは必ず消火・電源を切る。

(6) 給油するときは、必ず消火してから行なう。

(7) 給油中に灯油がこぼれたり、あふれたときは、油を拭き取ってしばらくしてから点火する。

(8) 燃料カートリッジタンクのキャップは、確実にしめたことを確認する。

(9) ストーブは出入口付近で使用しない。

(10) ストーブの近くにスプレー、シンナー、灯油などの引火性のものを使用したり、置かない。

(11) 収納するときは、灯油を抜取り、クリーニング(空焼き)を行なう。

(12) ガソリンと灯油を間違えない。


このページのトップへ