ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新居浜市消防本部 > スマートフォンおよびその周辺機器からの火災にご注意ください

スマートフォンおよびその周辺機器からの火災にご注意ください

近年、スマートフォンなどの携帯電話機、タブレット型端末やそれらの周辺機器から出火した火災が多数発生しています。

市内においても平成28年10月にスマートフォンの周辺機器であるモバイルバッテリーから出火した火災が発生しました。この火災は、家人が住宅用火災警報器の鳴動により、火災を早期に発見できたため、被害を最小限に抑えることができました。しかし、家人が外出中であるなど、状況によっては被害が拡大していた可能性も考えられます。

実際に出火したスマートフォン用モバイルバッテリー  

※(左)実際に出火したスマートフォン用モバイルバッテリー  

※(右上)変形したコネクター※写真提供:独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)

※(右下)焦げたコネクター ※写真提供:独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)

このようなスマートフォン関連の火災の発生原因としては、充電用コネクター端子や電池パック、モバイルバッテリーの不良など製品が原因で起こる火災のほかに、使用者の誤使用や不注意による火災も発生しています。

スマートフォンなどは日常的に使う機器ですが、普段から次のような防止策を行い、取扱いに注意して未然に火災を防止することが重要です。

【具体的な防止策】

・一度曲がってしまったコネクターは使用しない。

・コネクターは接続の方向を確認してまっすぐに差し込むなど、無理に力を入れない。

・汗や飲料水など液体をコネクターにかけない。

・コネクターに金属やごみなどを付着させない。

・外部からの衝撃などにより変形したバッテリーなどは使用しない。

・リコール対象製品か確認する。リコール対象製品の場合は、不具合が生じていなくても使用を中止する。


このページのトップへ