ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保育料の算定にかかる寡婦(寡夫)控除のみなし適用について

現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > こども保育課 > 保育料の算定にかかる寡婦(寡夫)控除のみなし適用について

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2018年9月1日更新
<外部リンク>

目的

 新居浜市では、婚姻歴のないひとり親家庭の経済的負担を軽減するため、保育料の算定にかかる寡婦(寡夫)控除のみなし適用を実施しています。

 婚姻歴のあるひとり親家庭に比べて、未婚のひとり親家庭には税法上の寡婦(寡夫)控除が適用されません。そこで、新居浜市では、婚姻歴の有無により寡婦(寡夫)控除が受けられないひとり親家庭に対し、寡婦(寡夫)控除をみなし適用して保育料の算出を行い、負担の公平化を図ることにしています。

 ただし、寡婦(寡夫)控除のみなし適用を実施した場合でも、保育料に変更がないことがあります。

 

対象者

  1. 一度も婚姻したことがなく、現在も婚姻状態(※)にない母または父であること。
  2. 生計を一にする20歳未満の子がおり、その子の総所得金額が38万円以下であり、他の人の扶養親族になっていないこと。
  3. 申請者の合計所得金額が500万円以下であること。

    ※届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情になる場合を含みます。

対象施設

  • 保育所
  • 認定こども園
  • 地域型保育事業
  • 幼稚園(新制度移行施行園に限る)

申請窓口

子育て支援課(市役所本庁1階)

申請に必要なもの

  1. 申請書 [PDFファイル/455KB]
  2. 申請者・子の戸籍全部事項証明書(原本:発効後3ケ月以内のもの)
  3. 印鑑

    ※この他必要に応じて、みなし適用に必要な書類の提出を求めることがあります。

注意事項

  • 生活保護受給者、非課税の方、住民票が新居浜市にない方は適用対象外です。
  • 当該申請書は、保育料算定にかかる寡婦(寡夫)控除のみなし適用に関するものであり、その他の事業には適用されません。
  • 所得税及び住民税は軽減されません。
  • みなし適用を実施した場合でも、所得の状況等によっては保育料の減額等にならない場合があります。
  • 申請は年度ごとにします。
  • 世帯の状況や所得状況等、該当要件に変更が生じた場合は速やかに申し出てください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)