ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

5歳から11歳の方と保護者の方へ

現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > ワクチン接種推進グループ > 5歳から11歳の方と保護者の方へ

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2022年3月3日更新
<外部リンク>

5歳から11歳の方への新型コロナワクチン接種を開始します

令和4年1月21日、厚生労働省が小児(5~11歳)に接種できるファイザー社の新型コロナワクチンについて、薬事承認を行いました。

令和4年2月現在、国内における小児(5~11歳)の新型コロナウイルス感染症は、中等症や重症例の割合は少ないものの、オミクロン株の流行に伴い新規感染者が増加する中で、重症に至る症例数が増加傾向にあること、感染者全体に占める小児の割合が増えていることが報告されています。また、基礎疾患がある小児では、新型コロナウイルスに感染することで重症化するリスクが高くなると言われています。

今後、様々な変異株が流行することも想定されること、現時点において、特に重症化リスクの高い基礎疾患を有する5~11歳の小児に対して接種の機会を提供することが望ましいと考えられることから、厚生労働省の審議会で議論された結果、予防接種法に基づく接種に位置づけ、小児を対象にワクチン接種を進めることとされました。

新居浜市は、国の方針を踏まえて、5歳から11歳の方への新型コロナワクチン接種を開始します。

ワクチン接種は、感染した場合に症状が出にくくなるなどの効果はありますが、副反応や、極めて稀ではあるものの健康被害が起こることもあります。

以下の感染症予防の効果と副反応など国が提供する接種に関する情報などを参考に、有効性と安全性について理解した上で、ワクチンを接種するかしないかを、お子さんと一緒にご検討ください。

新型コロナワクチンについてのお知らせ

ファイザー社ワクチン説明書(5~11歳用)

厚生労働省 新型コロナワクチン(小児)Q&A<外部リンク>

日本小児科学会(小児へのワクチン接種の考え方)<外部リンク>

 

◎小児(5~11歳まで)の新型コロナウイルスワクチン接種は、予防接種法上の「努力義務」の対象ではありません。

※「努力義務」とは、特定の予防接種について、接種の対象者や保護者に「受けるよう努めなければならない」「受けさせるため必要な措置を講ずるよう努めなければならない」と定める予防接種法上の規定で、接種を強制するものではなく、努力を求めるものです。

◎接種は強制ではありません。同意がある場合に限り行われます。

 

対象者

ワクチン接種時に「新居浜市に住民票がある」満5歳から満11歳の方

※特に、慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患をお持ちのお子さんは、接種が推奨されています。接種にあたっては、事前にかかりつけ医などと相談の上、接種をご検討ください。

※日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクの高い疾患の一覧表を公表しています。

日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会「新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等」<外部リンク>

使用するワクチン

小児用ファイザー社ワクチン(mRNAワクチン)

ファイザー社ワクチン説明書(5~11歳用)

※11歳の方で2回目の接種時点で12歳になる場合、1回目と同じ小児用(5歳から11歳用)のワクチンを接種することになります。

接種間隔・回数

3週間の間隔をあけて2回接種します。

※前後に他の予防接種を行う場合、原則として13日以上の間隔をあけてください。

接種費用

無料

接種開始日・接種会場

【個別接種】 令和4年3月22日㈫~ 

接種会場ごとに接種できる曜日や時間が異なります。予約時にコールセンターやWEBでご確認ください。

 
上部川西川東
胃腸科内科松村クリニック吉松外科胃腸科愛媛労災病院
かとうクリニック井石内科医院宮原医院
ゆりかごファミリークリニック住友別子病院知元医院

                                     ※5月現在。変更することがあります。

接種券等の発送

令和4年3月4日㈮~ (年齢の高い順から順次発送予定)

※今後、満5歳になる方は、誕生月の月末に発送します。

送付内容

予約開始

令和4年3月8日㈫~

※接種券が届いた方から予約できます

予約方法

5歳以上11歳以下の方のワクチン接種には保護者の同意と立会いが必要です。

(1) 新居浜市新型コロナワクチンコールセンター 

☎ 0120-040-439

受付時間:午前8時30分~午後7時(土日祝含む)

(2) Web<外部リンク>

24時間対応

※市ホームページや新居浜市LINE公式アカウントからアクセスできます

※予約には接種券に記載された10桁の券番号が必要です。お手元に用意してから手続きをしましょう。

接種当日の持ち物

(1)接種券が印字された予診票

(2)予防接種済証

(3)お子様の健康保険証など(本人確認書類)

(4)母子健康手帳(接種を受けるお子様の接種履歴が管理されているため)

※予診票の署名欄に必ず保護者が署名してください。

※特に、未就学児の方の接種履歴は母子健康手帳で管理しているため、接種当日には可能な限り母子健康手帳をお持ちください。

接種する場合の注意事項

  • 予診、接種に保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。

    ※保護者が特段の理由で同伴できない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族など適切な方が、保護者から委任を受けて同伴できます。

  • 肩を出せる服装でお越しください。また、マスクの着用をお願いします。
  • 当日、発熱がある場合や体調が悪い場合などは、予約をキャンセルし、来場を控えてください。

効果・副反応

5歳から11歳までの小児に対する予防接種に使用することとされた小児用ワクチンの2回接種後7日以降の発症予防効果は90.7%(※)と報告されており、接種を受けることにより新型コロナに感染しても症状が出にくくなるといわれています。

※オミクロン株が出現する前のデータです。

また、副反応については、12歳以上の方と同様、接種部位の痛みや倦怠感、頭痛、発熱等、様々な症状が確認されていますが、ほとんどが軽度又は中等度であり、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと判断されています。

 

◆副反応等の専門的な相談は県コールセンターへご相談ください。

 ☎ 0120-567-231(24時間対応)

FAX 050-3852-3213(平日9:00~17:00)

厚生労働省HP「5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ」<外部リンク>

◆こども医療電話相談

「#8000」をプッシュすることにより、休日・夜間のこどもの症状にどのように対応したらいいか、病院を受診した方がいいかなど判断に迷ったときに、小児科医師・看護師に電話で相談できます。

子ども医療電話相談事業(#8000)について<外部リンク>

ワクチン未接種に対する差別の防止について

新型コロナウイルスワクチン接種は強制ではなく、各個人が予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けることとされています。

接種を望まない人に接種を強制することや差別的扱いをすることがないよう、ご理解・ご協力をお願いします。

◆コロナ差別に悩んだとき

法務省ホームページ(新型コロナウイルス感染症人権相談窓口)<外部リンク>

児童のワクチン接種のおける対応について

(1)接種のために、登校時刻が遅くなったり、途中で下校したりしても、「遅刻」「早退」の扱いとはいたしません。

(2)ワクチン接種後の副反応(発熱等)により登校できない状況になった場合、欠席とはせず、「出席停止」扱いといたします。

※接種に伴う「遅刻、早退、欠席」について不安がある場合には、各学校に申し出ていただければ対応できます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)