ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災安全課 > もし地震が起こったら

もし地震が起こったら

  1. 被害状況を調査し、応急対応を検討しなければなりません。
    また、新しい情報の収集に努め、従業員への情報伝達も怠ってはいけません。
  2. 応急対策も緊急性のあるものを優先し対応する。
  3. 被害状況を、消防隊の必要な場合「119」その他の場合「34-0119」・災害対策本部「65-1349」に報告する。
    地震の規模によってライフラインの途絶が予想されます。
    事前に作成した対策計画に基づき早期復旧の図らなければなりません。
    「企業にとって復旧作業の遅れは一大事です。
    ライフライン途絶を想定した対策を、事前に検討しておく必要があります。」
  4. 2次災害発生防止
    震災後の電気、ガス、火気設備等の復旧時にも火災等の2次災害のおそれがあります。
    配管等からのガス漏れ、危険物の漏えい、が無いか早急に調査の必要があります。

最初の揺れで被害は無くとも、余震によって新たに被害が発生する事も考えられます。

最初の揺れでダメージを受けていたら、比較的小さい揺れでも被害が発生するおそれがあります。

余震が小さかったからと安心してはいけません。再び被害調査をしましょう。

建物や設備に思わぬ危険個所が生じていることがあります。

倒壊や損傷状況を的確に把握し、作業を行う場合の安全確認を入念に行う必要があります。

倒壊危険等がある場合は、立ち入り禁止区域を設定します。


このページのトップへ