ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災安全課 > 愛媛県地震被害想定調査結果(最終報告)について

愛媛県地震被害想定調査結果(最終報告)について

 このたび愛媛県地震被害想定調査結果(最終報告)が公表されましたので、お知らせします。今回の最終報告は、平成25年6月に公表された第一次報告に基づいて、物的・人的被害を想定するとともに、南海トラフ巨大地震に関し防災対策の効果を算定したものです。

1 物的・人的被害の想定(新居浜市分)

 

南海トラフ巨大地震※1

(最大震度7、津波高3.4m)

中央構造線断層帯の地震※2

(最大震度7、津波なし)

建物被害※3

 

全壊(被害率)

35,169棟(45%)

40,180棟(51%)

半壊(被害率)

12,864棟(16%)

10,561棟(13%)

合計(被害率)

48,033棟(61%)

50,741棟(65%)

死者※4

 

建物倒壊による

(うち家具転倒)

850 人 

(57人)

1,215 人 

(84人)

土砂災害による

1 人 

1 人 

津波による

455 人 

  0 人 

火災による

536 人 

748 人 

(最大は冬18時強風で1,175人) 

ブロック塀倒壊等

0 人 

0 人 

(最大は冬18時で1人) 

合計

1,842 人 

1,964 人 

(最大は冬18時強風で2,095人) 

負傷者※4

 

建物倒壊による

(うち家具転倒)

4,769 人 

(840人)

6,095 人 

(1,223人)

土砂災害による

1 人 

1 人 

津波による

33 人 

0 人 

火災による

258 人 

275 人 

(最大は冬18時強風で459人) 

ブロック塀倒壊等

0 人 

0 人 

(最大は冬18時で23人) 

合計

5,061 人 

6,371 人 

(最大は冬18時で7,169人) 

避難者※5

58,428 人 

61,791 人 

 

※1 津波被害については、満潮時に地震が発生し、全ての堤防が壊れることを設定した想定です。

※2 讃岐山脈南縁-石鎚山脈北縁東部(新居浜市~鳴門市までの区間)が震源域となる地震を想定しています。

※3 冬18時の強風時に地震が発生する設定での想定です。

※4 冬深夜の強風時に地震が発生する設定での想定です。

※5 冬18時の強風時に地震が発生する設定で、地震発生から1週間後の避難者数を示しています。

2 防災対策の効果(南海トラフ巨大地震の場合)

(1)建物の耐震性の強化(昭和56年以前の建物を耐震補強すると)

    揺れによる建物全壊棟数 →10分の1に減少(14,795棟→1,607棟)13,188棟減

    建物倒壊・火災による死者 →20分の1に減少( 1,328人→    62人)1,266人減

(2)家具転倒・落下防止対策の強化(家具等を固定すると)

    屋内転倒落下物による死者→ 4分の1に減少(     57人→    13人)44人減

(3)津波避難の迅速化(発災後5分~10分以内に避難を開始すると)

    津波による死者       → 5分の2に減少(    455人→  187人)268人減

上記3つの対策を全て実施した場合

    南海トラフ巨大地震の死者→ 7分の1に減少(  1,841人→  262人)1,579人減


〇愛媛県のホームページ<外部リンク>

〇愛媛県地震被害想定調査(第一次報告)について


このページのトップへ