ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

災害警戒本部

1.災害警戒本部の設置

市長は、災害対策本部設置前においても常に地震及び気象状況等に注意し、次により災害警戒本部の体制を整える。

(1) 設置基準

  1. 市域に【震度4以上】の地震が発生したとき。
  2. その他の状況により、市長が必要と認めたとき。

(2) 廃止基準

  1. 市災害対策本部が設置されたとき。
  2. 当該災害に対する応急対策等の措置が終了したとき。
  3. 災害の発生するおそれがなくなったとき。

2.災害警戒本部の組織

(1) 組織の概要

市長を警戒本部長とする。本部の組織及び事務分掌は、災害対策本部を準用する。ただし、災害情報の収集、災害防止活動及び被害調査に重点をおき、応急対策用資機材等の準備、確保を図る。

(2) 警戒本部の設置場所

警戒本部は、消防本部庁舎(4階コミュニティ防災センター)又は警戒本部長の指定する場所におく。


このページのトップへ