ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災安全課 > 自転車の交通安全

自転車の交通安全

自転車利用者安全対策

 平成25年7月1日から 愛媛県自転車の安全な利用の促進に関する条例が施行されており、自転車乗車中のヘルメット着用が励行事項となっております。

 このため平成27年7月1日から 県立高校の学生にヘルメット着用が義務付けられました。市内では、自転車乗車中の死亡事故も発生しておりますことから、市民のみなさまの積極的なヘルメット着用をお願いします。

 また、自転車が加害者になるケースも多く、被害者が死亡することもあり多額の賠償金を請求されることは珍しくありません。


道路交通法一部改正

1.自転車を含む軽車両の路側帯通行方法-改正前は自転車の走行できる路側帯は、左右どちらでも通行可能でしたが、自転車同士の事故防止や、自動車との正面衝突防止のため、道路左側の路側帯しか通行できなくなります。

 2.制動装置整備不良自転車の検査等-制動装置(ブレーキ)を備えない自転車が運転されている場合、警察官はその場で検査したり、ブレーキ整備や運転継続の禁止を命令することができるようになります。検査を拒んだり妨げたりした場合は「5万円以下の罰金」が科されます。

ヘルメットで一命をとりとめた事例が紹介されています。自転車事故の損傷による死亡率は非常に高い状態です。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ