ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

銅山峰のツガザクラ群落調査委員会

現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会事務局 > 文化振興課 > 銅山峰のツガザクラ群落調査委員会

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2020年11月25日更新
<外部リンク>

銅山峰のツガザクラ群落調査委員会

平成31年2月26日に国指定天然記念物となった「銅山峰のツガザクラ群落」は、国内自生地の最南限でありながら他に類を見ない規模の大群落を形成しており、非常に価値の高いものです。
しかし、旧別子銅山の植生回復や踏みつけ、盗掘などによって、近年は自生範囲の減少が懸念されています。各方面から幅広い意見を聞き、今後の保護活動の指針となる「銅山峰のツガザクラ群落保存活用計画」の策定を見据えた調査を行うため、令和2年7月1日に銅山峰のツガザクラ群落調査委員会を設置しました。

会議録

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)