ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公共下水道について

現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道局 > 下水道建設課 > 公共下水道について

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

 新居浜市の下水道事業は、昭和48年に週末処理場 を有する分流式下水道として計画され、昭和55年3月から供用が開始されました。現在、新居浜市公共下水道事業計画に基づき、汚水の面整備、雨水施設の設備を推進しています。
分流式下水道とは雨水と汚水(生活排水)を別々に排水する方式で、汚水管に雨水は流せません。

汚水処理の普及推進

汚水処理の普及増進

処理人口普及率

平成27年4月1日→60.26%
汚水整備面積平成27年4月1日→1,917.92ha
汚水整備人口平成27年4月1日→73,968人

 公共下水道整備状況

計画平面図(汚水)平成26年度以前施工済
計画平面図表示 [その他のファイル/1.04MB](別ウインドウで拡大図が表示されます。)
お知らせ  (公共下水道)

雨水施設の整備

 台風等豪雨時における浸水被害を防止し、安全安心な生活環境を実現するため、雨水幹線等の整備を推進しています。また、経年劣化が進行している雨水ポンプ場について、計画的に改築更新を行っています。