ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

スプレー缶、カセット式ガスボンベのごみの出し方が変更となります

現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > ごみ減量課 > スプレー缶、カセット式ガスボンベのごみの出し方が変更となります

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2020年3月23日更新
<外部リンク>
令和2年4月1日からスプレー缶(殺虫剤、消臭スプレーなど)、カセット式ガスボンベのごみの出し方が変更となります。

カセット式ガスボンベの分別区分について

「びん・缶」の日に出してください

カセット式ガスボンベは、「不燃ごみ」から、スプレー缶などと同様に「びん・缶」の日へ分別区分が変更となります。

 

スプレー缶、カセット式ガスボンベの出し方について

使い切って出しましょう

穴あけは不要ですが、中身を使い切って出してください。

ガス抜きを行う場合は、屋外の風通しの良い場所で行ってください。

※ガス抜きの方法は、容器に書かれている説明を確認してください。

穴をあけずに出すことができます

スプレー缶、カセット式ガスボンベを捨てるときは、穴をあけて出すようにお願いしていましたが、事故防止の観点から、穴をあけずに出せるように変更しました。