ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「雑がみ」は貴重な資源です

現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > ごみ減量課 > 「雑がみ」は貴重な資源です

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2019年11月11日更新
<外部リンク>

新居浜市では、「新聞・折込広告」「ダンボール」「飲料用紙パック」「雑誌・雑がみ」の4種類を
古紙として回収し、リサイクルしています。
古紙の中でも特に菓子箱やダイレクトメールなどの「雑がみ」は、何気なく他の燃やすごみと一緒にごみ箱に入れてしまいがちになっています。
ちょっとした雑がみも、分別すれば貴重な資源になります。
燃やすごみを減らし、リサイクルを進めるため、雑がみの分別にご協力ください。

雑がみ分別

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会のホームページに、紙製容器包装の分別排出方法の動画を掲載しています。分別の参考にしてください。

公益財団法人 日本容器包装リサイクル協会<外部リンク>

 

紙製容器包装の分別排出ルール<外部リンク>

ごみ減量課で、雑がみの分別動画を作成しました。ぜひご覧ください!

雑がみの分別について<外部リンク>