ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > ハチアレルギーに注意しましょう

ハチアレルギーに注意しましょう

ハチアレルギーとは

 ハチに刺された時にハチ毒が体内に入って起こるアレルギー反応のことです。

 ハチ毒にアレルギーのない人は、ハチに刺されても痛み、痒み、腫れといった局所症状が現れるだけですが、アレルギーのある人は、極めて強い反応が起こり、嘔吐、寒気、全身のじんましんといった全身症状から、呼吸困難や意識障害などのアナフィラキシ―ショックを起こすことがあります。

予防法

(1)外出時、ハチに刺されないよう、生息する可能性のある場所には近づかない。

(2)肌の露出を控える。

対応

ハチが近寄ってきたら

(1)静かに立ち止まり、急に動き出さない。

(2)黒目を襲うので、目を細め、顔を下向き加減にしてじっとしていると巣に帰るので、その後十分注意して静かに後退する。

ハチに刺されたら

*全身にじんましんが出て、顔色が悪い。呼吸がしづらく息苦しい。

     ↓

  直ちに救急病院等を受診する必要がある。

*元気があり、かゆみ以外症状がない場合は、患部を冷やして様子を見てください。

 (1)まず針を抜く。(毒のうに注意をして針の根本をつかむ)

 (2)流水でよく洗う。(毒を絞り出すように、刺された部分を周囲から圧迫して洗い流す)

 (3)殺菌消毒薬で刺されたところを消毒する。

補助治療剤について

アナフィラキシ―の症状が発現しても、直ちに受診できない場合は、応急処置として補助治療剤(アドレナリン自己注射製剤)を使用し、初期の段階で症状を緩和することが重要になります。

※自己注射用アドレナリンは「処方せん医薬品」のため、医療機関を受診のうえ、医師が必要と認めた場合に交付されます(保険適用外)。過去に同様の症状を経験したことがある方やアレルギー症状が気になる方は、あらかじめ医師に相談した方がいいでしょう。

アレルギーに関する医療機関情報について

*診療科目等  

愛媛県ホームページ(愛媛医療情報ネット)<外部リンク>

(検索キーワード:アレルギー専門外来、アレルギー科 等)

*アレルギー専門医

(社)日本アレルギー学会ホームページ(専門医 指導医一覧)<外部リンク>

※受診の前に、必ず電話等で各医療機関にご照会ください。


このページのトップへ