ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金について

新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金について

1 目的

市内で新たに小児科を開業等する医療機関を支援するため、新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金を交付します。

2 補助対象者

医師又は医療法人で、次に掲げるすべての要件に該当すること。

(1)一般社団法人新居浜市医師会に加入すること。

(2)休日夜間急患センターにおける診療業務の当番に参加すること。

(3)1歳6か月児健康診査及び3歳児健康診査に協力すること。

3 補助対象事業

(1)開業等支援事業 

平成29年4月1日以後に、市内で新たに小児科医療機関を開業した場合又は既に市内にある医療機関において新たに小児科を開設した場合

(2)雇用促進事業

開業等に伴い、小児科の診療に係る小児科医師、看護師又は医療技術者を新たに1年以上雇用して給与を支給した場合

4 補助金の額等

事業区分

補助金の額

限度額

備考

開業等支援事業

開業等の用に供するため、新たに取得又は賃借した土地及び建物並びに新たに取得した償却資産(医療機器に限る。)に要する経費の総額について、市が評価した額の4.2/100以内の額

200万円

建物については、診療に必要な部分のみを対象とする。

雇用促進事業

 

常勤の小児科医師1人につき100万円以内の額

100万円

 

看護師及び医療技術者1人につき50万円以内の額

200万円

短時間労働者の場合は2人をもって1人とする。

5 申請手続き

(1)提出書類

ア 新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金交付申請書(第1号様式)

イ 申請者の住民票(医療法人の場合は、定款又は規約及び登記事項証明書)

ウ 申請者が補助対象となる医療機関を開業等した日を確認できる書類(写し可)

エ 固定資産課税台帳記載事項証明書

オ 補助対象となる土地の延べ面積がわかる図面(写し可)

カ 補助対象となる建物の延べ面積及び診療に必要な部分の面積がわかる図面(写し可)

キ 新たに雇用した医師の医師免許及び当該医師が小児科専門医師であることがわかる書類(写し可)

ク 医師等を1年以上雇用して給与を支払ったことを確認できる書類

ケ その他市長が必要と認める書類

(2)申請期限等

   補助対象となる医療機関を開業等した日から3年以内。なお、開業等支援事業と雇用促進事業の両方を申請する場合は、同時に申請してください。

6 請求手続き

  補助金の交付決定通知を受けた後、新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金交付請求書(第3号様式)を提出してください。

7 リンク

新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金交付要綱 [PDFファイル/215KB]
新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金交付申請書(第1号様式) [PDFファイル/110KB]
新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金交付申請書(第1号様式) [Wordファイル/67KB]
新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金交付請求書(第3号様式) [PDFファイル/75KB]
新居浜市医療機関新規開業等支援事業補助金交付請求書(第3号様式) [Wordファイル/43KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ