ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

 肺炎は死因の3位で、高齢者や抵抗力が弱まった時にかかりやすく、重症化することもあります。肺炎の原因は、様々な細菌やウイルスがありますが、高齢者の肺炎で最も多いのが、肺炎球菌です。肺炎球菌予防接種の平成30年度の対象者(1)の方は、一部公費で接種できます。必要性や副反応を理解し、本人の意思で、接種しましょう。

実施期間  

  平成30年4月1日から平成31年3月31日

対象者

(1)平成30年度に各年齢となる方(個人通知します)

65歳

昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生

70歳

昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生

75歳

昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生

80歳

昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生

85歳

昭和 8年4月2日~昭和 9年4月1日生

90歳

昭和 3年4月2日~昭和 4年4月1日生

95歳

大正12年4月2日~大正13年4月1日生

100歳

大正 7年4月2日~大正 8年4月1日生

(2)60歳~64歳で、心臓、じん臓、呼吸器、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能低下の重度障がい(身体障害者手帳1級)のある方

※平成26年度~平成30年度は、5歳刻の年齢(65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳)に達する方が対象者となります。
※すでに「23価肺炎球菌ワクチン」を接種したことがある方は、対象となりません。
※転入等で通知の届いていない方は、新居浜市保健センターへ連絡をしてください。

実施場所  

  ・ 市内委託医療機関(一覧)

  ・ 愛媛県内の委託医療機関(必ず電話で予約をしてください。)

平成30年度 高齢者肺炎球菌感染症予防接種委託医療機関 [PDFファイル/94KB]

自己負担金  

4,000円(生活保護世帯は無料) 

接種回数 

1回

持って行くもの  

  ・ 健康保険証または後期高齢者医療保険証

  ・ 自己負担金

  ・ 接種記録カード

  ・ 接種券

  ・ 予診票

(接種記録カード等は対象者(1)の方は送付しています。対象者(2)の方は保健センター、医療機関にあります。)

  ・ 該当する方は、身体障害者手帳、生活保護受給証明 

注意事項  

注意事項
★厚生労働省ホームページ<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ