ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ロタウイルス感染症予防接種について

現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 保健センター > ロタウイルス感染症予防接種について

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2020年10月1日更新
<外部リンク>

令和2年10月1日から、ロタウイルス感染症予防接種が定期予防接種となります。

対象者

令和2年8月1日以後に生まれたお子さん

経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン接種の場合:出生6週0日後から24週0日後までのお子さん
五価経口弱毒生ロタウイルスワクチン接種の場合:出生6週0日後から32週0日後までのお子さん

 

接種場所

市内委託医療機関 および 県内委託医療機関

 

当日の持ち物

  • 母子健康手帳
  • 予診票
  • 住民確認できるもの

 

ロタウイルス胃腸炎とは?

 ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期にかかりやすく、5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれており、ロタウイルスは感染力が強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染してしまいます。乳幼児は、激しい症状が出ることが多く、特に初めて感染した時に症状が強く出ます。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴が必要になったり、入院になることがあります。
 ロタウイルス胃腸炎の重症化は、ワクチン接種によって防ぐことが可能です。

 

ロタウイルスワクチン(内用液)について

 ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも生ワクチンで、有効性は同等と考えられています。

 【ロタリックス】は1価の弱毒生ウイルスワクチン、【ロタテック】は5価の弱毒生ウイルスワクチン(それぞれ1種類、5種類の弱毒化したロタウイルスがワクチンに含まれています。)という違いがありますが、ロタウイルスは種類の異なるロタウイルスによる急性の胃腸炎の重症化予防にも効果があるため、どちらのワクチンを接種しても同様の効果がありますが、原則としていずれか同一の製剤で接種を完了します。(一方の製剤の接種体制のみを有する市町村への転居等を例外とする)

 【ロタリックス】は2回(1回目は出生6週0日以降、2回目は4週以上の間隔をあけて出生24週0日後までに完了)、
 【ロタテック】は3回(1回目は出生6週0日以降、2回目、3回目は4週間以上の間隔をあけて出生32週0日後までに完了)経口投与します。

 なお、初回接種については、週齢が高くなるにつれて腸重積症の発症リスクが増加するため、1回目は出生14週6日後までの接種が推奨されています。

 

ロタウイルスワクチン予防接種スケジュール

※定期接種(公費対象)は、対象者が令和2年10月1日以降に接種したものが対象です。

標準的な接種期間

 出生6週0日後(標準:生後2月)から開始し、27日以上の間隔をあけて、ロタリックスは出生24週0日後までに2回、ロタテックは出生32週0日後までに3回を完了する。

※接種中または後に、乳児が吐き出したり、嘔吐した場合、ワクチンの再接種は必要ありません。

 

ロタウイルス接種スケジュール

 

 

ロタウイルスワクチンの副反応について

主に下痢、嘔吐、胃腸障害、発熱、ぐずり、咳・鼻水、食欲不振などがみられます。

接種後、特に初回接種の1~2週間は 「腸重積症※」 に注意が必要です。

  • 嘔吐を繰り返す
  • 泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
  • 便に血が混じる
  • ぐったりして顔色が悪くなる

このような症状に気づいたら速やかに医療機関を受診しましょう。

 

※腸重積症
  腸の一部が腸の他の部分に入り込み、腸が閉塞した状態で緊急性の高い病気。ワクチン接種にかかわらず、主に0歳の  お子さんがかかることが多い病気です。
  腸重積症になると、腸が詰まって血液の流れが悪くなることで、腸の組織が死んでしまう(壊死する)ことがあります。腸重積症になった場合、通常は肛門から腸内に液(造影剤や水など)や空気を入れて元に戻しますが、発症から時間が経つほど(12時間以上など)、腸の壊死のために外科手術になる場合が増えるといわれています。

 

ワクチン接種に当たっての注意事項

ワクチン接種を受けることができないお子さん

  1. 明らかな発熱(通常37.5℃以上)をしている
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らか(下痢や嘔吐の症状があるときには延期してください)
  3. ロタウイルスワクチンの成分によって過敏症を呈したことがある、またはロタウイルスワクチンの接種後に 過敏症が疑われる症状を発現したことがある
  4. 腸重積症の既往がある
  5. 腸重積症の発症を高める可能性のある未治療の先天性消化管障害(メッケル憩室等)を有している
  6. 重症複合型免疫不全(SCID)の所見が認められる
  7. その他、医師がワクチン接種は不適当と判断した場合

 

ワクチン接種を受ける際に注意が必要なお子さん

  1. 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害など、基礎疾患がある
  2. これまでに受けた予防接種で、接種後2日以内に発熱のみられたお子さんおよび全身性発疹等のアレルギーを疑う症状がみられたことがある
  3. 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことがある
  4. 過去に免疫不全と診断されたお子さんおよび近親者に先天性免疫不全症の方がいる
  5. 胃腸障害がある

 

接種後の注意点

  1. 予防接種を受けた後30分程度は、急な副反応が起こることがあります。体調の変化に注意し、症状が表れたときには、医師にご相談ください。
  2. 腸重積症と思われる症状“嘔吐を繰り返す” “泣いたり不機嫌になったりを繰り返す” “ぐったりして元気がない”“血便(粘液と血が混じったイチゴゼリーのような便)が出る”  がみられた場合は、腸重積症の可能性がありますので、速やかに医師の診察を受けるようにしてください。
  3. 接種後、1~2週間程度は腸重積症の症状に注意してください。
  4. ワクチン接種後1週間程度は便中にウイルスが排泄されますので、おむつ交換後などワクチン接種を受けたお子さんと接した際には手洗いをするなど注意してください。特にご家族の中で免疫系に異常のある方がいる場合には、ワクチン接種を受けたお子さんと接した後の手洗いを徹底するなど注意してください。

 

予防接種健康被害救済制度について

 定期の予防接種による健康被害が生じた場合に、厚生労働大臣が予防接種法に基づく定期の予防接種によるものと認定したときは、障害の程度によって予防接種健康被害救済制度による給付を受けることができます。

 

 

ロタ予防接種について [PDFファイル/340KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)