ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

健康長寿地域拠点(PPK体操)における新型コロナウイルス感染症対策の大切さについて

現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 地域包括支援センター > 健康長寿地域拠点(PPK体操)における新型コロナウイルス感染症対策の大切さについて

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2021年3月10日更新
<外部リンク>
愛媛県内の感染状況は確実に鎮静化の流れにあるとされ、1月8日から3月1日までの期間定められていた特別警戒期間が解除となり、感染警戒期へ移行となりました。感染縮小期への移行に向けて、引き続き油断することなく、マスクの着用など、基本的な感染回避行動を徹底することが重要となります。

現在、拠点活動は「新しい生活様式」を取り入れ、安心・安全に運営していただいておりますが、あらためて感染拡大防止を心掛けていただきますようお願いいたします。

※健康長寿地域拠点活動とは
地域の方が主体となって、送迎に頼らない身近な場所に通いの場(拠点)をつくり、PPK(ぴんぴんキラリ)体操を主とした介護予防や健康づくり、仲間づくりを行うことで、地域に住んでいる方同士で介護予防支援が可能な地域づくりを目指す活動です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)