ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

浄化槽設置補助

現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 環境保全課 > 浄化槽設置補助

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2021年3月26日更新
<外部リンク>

 新居浜市では、合併処理浄化槽を設置する個人を対象に、以下の三種類の費用に対する補助金を交付しています。

(1) 5~10人槽の合併処理浄化槽を設置する場合の設置費

(2) 既存建築物の単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に転換する場合の撤去費

(3) 既存建築物の単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に転換する場合の宅内配管工事費

 ※合併処理浄化槽から合併処理浄化槽への更新は補助の対象外です。


  この補助金は、国・県・市が約3分の1ずつ負担しており、補助件数には限りがあるため、補助金の交付は先着順となります。

補助の条件

  • 公共下水道の事業計画区域外であること。(下水道建設課(消防防災合同庁舎4F)で確認できます。)
  • 申請者本人が居住する住宅であること。(店舗や事業所は補助金の対象になりません。)
  • 汲み取り便槽又は単独浄化槽から合併処理浄化槽への転換を行う場合。
  • 補助金を受けようとするその年度内に浄化槽工事を開始し、かつ終了させること。(前年度以前に工事をしたり、工事期間が年度内に終わらない場合は、補助金を受けることができません。)

 ※新築住宅への設置は補助の対象外です。

 
人槽区分補助基準補助限度額
5人槽

160平方メートル未満

332,000円
6~7人槽160平方メートル以上414,000円
8~10人槽

台所及び浴槽が2箇所以上

2世帯・大家族住宅用

548,000円
単独撤去(転換)合併処理浄化槽への転換で、単独浄化槽の撤去を行う場合90,000円
宅内配管(転換)合併処理浄化槽への転換に伴う配管工事費300,000円

※令和3年度より、既存建築物の単独処理浄化槽を合併処理浄化槽へ入れ替える場合、宅内配管工事に係る費用について300,000円を限度として補助することとなりました。

※宅内配管工事費用とは、トイレ、洗面所、風呂、台所等から浄化槽までの「流入管」、「マス」、浄化槽までの「放流管」の設置に伴う工事費用を指します。