ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

申請時のよくある不備事例(物品・役務)

現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 契約課 > 申請時のよくある不備事例(物品・役務)

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2016年10月21日更新
<外部リンク>

1 書類番号3・4】『実績調書』が添付されていない。

実績がない場合も「実績なし」等、該当がない旨を記載して提出してください。


2 【書類番号5】『申請業種に関し法令上必要とする営業資格等一覧表』について、証明書の写しが一覧表に記入した順番どおりに並んでいない。

証明書の写しは記入順に並べて提出してください。


3 【書類番号7】『印刷関係設備調査表』について、業種「1.電算印刷」、「2.印刷・地図(一般印刷・特殊印刷)」、「60.公告・宣伝(ポスター・冊子製作)」を申請しているのに調査表が添付されていない。

業種「1.電算印刷」、「2.印刷・地図(一般印刷・特殊印刷)」、「60.公告・宣伝(ポスター・冊子製作)」を申請する場合は調査表を提出してください。外注の場合も「外注」と記載して提出してください。


4 【様式 物品2-1】『使用印鑑』について、使用印鑑が押印されていない。また、2個以上押印されている場合がある。

→使用印鑑は実印と同一でも必ず押印してください。また、使用印鑑は1業者1個とします。


 【様式 物品2-2】『消費税および地方消費税の課税または免税事業者届』について、☑が入っていない。

→課税事業者か免税事業者のどちらか該当する方に☑を入れてください。


6 各種証明書の発行日が書類提出日から起算して3か月以上経過している。

各種証明書の発行日が書類提出日から起算して3か月以内のものを提出してください。