ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建築指導課 > 建築物の解体工事等には「届出」が必要です。

建築物の解体工事等には「届出」が必要です。

  建設廃棄物のリサイクルを推進する為に、「建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)」が施行されました。(平成14年5月30日施行)
  この法律には、対象建設工事の事前届出や分別解体等及び再資源化等が義務付けられています。

対象建設工事とは…

対象建設工事の種類   

規模の基準

建築物の解体工事床面積の合計             80平方メートル
建築物の新築・増築工事床面積の合計            500平方メートル
建築物の修繕・模様替等工事               (リフォーム等)請負代金の額             1億円
建築物以外の工作物の工事                (土木工事等)請負代金の額          500万円

発注者にかかる義務

  • 分別解体等の計画の内容について、契約前に元請業者から書面で説明を受ける。
  • 着手7日前までに解体工事の届出を市役所に提出する。
  • 契約書に分別解体等の費用を明記し、その費用を支払う。
  • 元請業者から完了報告を受け、適正に行われたかチェックする。

自主施工者にかかる義務

  • 建築物、周辺状況、作業場所、搬出経路、生活残存物の有無等の事前調査を行う。
  • 分別解体等の計画等の作成をし、着手7日前までに解体工事の届出を市役所に提出する。
  • 騒音、振動等の防止のための措置、作業場所及び搬出経路確保等の事前措置を行う。
  • 計画に基づいて分別解体等を実施する。

受注者にかかる義務

分別解体、再資源化、石綿飛散防止等々

※分別解体の届出は請負・自主施工問わず 家主 の義務です。
  着手7日前までに届出をしてください。
不明な点がありましたら、市役所建築指導課までお問い合わせください。

新居浜市役所建設部建築指導課
電話番号:0897-65-1273


このページのトップへ