ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企業総務課(お客様センター) > 公共下水道接続の推進について

公共下水道接続の推進について

 公共下水道の使用開始区域になれば、下水を流すための排水設備工事を3か月以内に、トイレの水洗化工事を3年以内に施工するよう法令で義務付けられています。 また、浄化槽を設置されているご家庭でも、公共下水道に接続しなければいけません。

 一日も早く公共下水道への接続を実施し、衛生的で快適な生活を送りましょう。

公共下水道に接続すると

 一般家庭や工場などで排出された汚れた水を下水処理場できれいにしてから放流するため、川や海を汚さず、美しい自然が守られます。

 また、家の周囲に汚れた水がたまらないので、まちが美しくなり蚊やハエも少なくなり住みやすくなります。

 そして、水洗トイレが使えるようになり、清潔で快適な暮らしになります。     

公共下水道への接続は必ず指定工事店で

 公共下水道への接続工事は、新居浜市の指定工事店でなければできません。

 指定工事店は、基準に適合した設備を作るために必要な技術を習得しているので、安心して工事を任せられる業者として市が指定したものです。また、市に提出する書類の作成、提出をみなさんに代わって行います。

 不正に工事を行うと、使用料をさかのぼって徴収されたり、違反に対する過料を科されたりします。さらに、工事のやり直しや改善を行わなければならない場合もありますので、ご注意ください。

 もし、工事完了後2か月を経過しても下水道使用料が請求されない場合はご連絡ください。

 新居浜市の指定工事店はこちら

受益者負担金等について

 公共下水道に接続された土地の所有者の方には、土地の面積等に応じて受益者負担金または区域外流入分担金を負担していただきます。

 受益者負担金、区域外流入分担金は、公共下水道建設費にあてられており、公共下水道未整備地域の方との負担が公平になるように設けられた制度です。

  詳しくは各ページをご覧ください。

 受益者負担金

 区域外流入分担金

下水道使用料について

 公共下水道を使用する方には、排出する汚水の量に応じて下水道使用料を負担していただきます。

 下水道使用料は、下水道施設の維持管理や、汚水をきれいな水に戻すために必要な費用にあてられます。 

 使用料の算出方法についてはこちら

無利子の融資あっせん制度について

 排水設備工事の経済的負担を少しでも軽減するため、市内金融機関にて、無利子の融資あっせん制度を設けています。 便槽あるいは浄化槽一か所につき、最大50万円まで無利子で借りることができます。返済は毎月1万円の均等償還になっています。

 融資あっせんの対象などについてはこちら


このページのトップへ