ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

会則:the rules

新居浜市婦人防火クラブ運営協議会会則
みずたま模様

   第1章   総則
 (名称)
第1条  本会は、「新居浜市婦人防火クラブ運営協議会(以下「運営協議会」という。)と称する。
   第2章   目的及び事業
 (目的)
第2条 本会は、消防分団区婦人防火クラブ(以下「分団区」という。)相互の緊密な連携を図り、地域住民と消防機関一体の防火運動を推進し、「火災のない明るい町づくり」に寄与することを目的とする。
 (事業)
第3条 本会の目的を達成するために、次の事業を行う。
 (1)家庭防火知識の普及ならびに研修に関すること。
 (2)防火思想の普及宣伝に関すること。
 (3)分団区相互の連絡協調に関すること。
 (4)関係機関及び各種団体との連絡調整に関すること。
 (5)その他目的達成に必要な事項
   第3章   組織
 (会員)
第4条 本会の会員は、分団区婦人防火クラブ員をもって組織する。
 (入会及び脱会)
第5条 「運営協議会」に入会しようとする「分団区」は、婦人防火クラブ運営協議会入会申込書(第1号様式)を会長に提出する。
2 退会するときは、婦人防火クラブ運営協議会退会届書(第2号様式)を会長に提出する。ただし、再入会を妨げ
 ない。
 (役員)
第6条 本会に、次の役員をおく。
 (1)会長   1名
 (2)副会長  2名
 (3)監事   2名
2 前項の監事は、分団区から選出された区長から選任し、会長、副会長は、役員会において選出する。
 (役員の職務)
第7条 会長は、運営協議会を代表して会務を総理する。副会長は、会長を補佐し会長に事故のあるときは、その職務を代理する。
2 役員は、役員会において議事を決議し、会務を推進処理する。
3 監事は、会計事務を監査する。
 (顧問)
第8条 本会に、役員会の議決を経て顧問をおくことができる。
2 顧問は、本会の運営について、役員会の協議に加わり、その円滑な推進に寄与する。
 (役員の任期)
第9条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
   第4章   会議
 (会議)
第10条 会議は、総会及び役員会とする。
 (総会)
第11条 総会は、毎年1回会長が招集する。ただし、必要に応じ会長が臨時総会を招集することができる。
2 総会の議長は、会長がこれにあたる。
3 総会において、次の事項を決議する。
(1)予算及び決算に関すること。
(2)運営協議会の運営方針と事業の決定に関すること。
(3)会則の改廃に関すること。
(4)その他会長において必要と認める事項
 (役員会)
第12条 役員会は、必要の都度会長が招集する。ただし、3分の2以上の役員から要求があったときは、臨時に招集することができる。
2 役員会において、次の事項を議決する。
(1)総会に提出する議案に関すること。
(2)事業遂行に関する重要な会務に関すること。
(3)その他、会長において必要と認める事項
 (議事の手続)
第13条 議事は、出席者の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
 (経費)
第14条 本会の経費は、助成金、寄付金その他の収入をもってあてる。
2 前項のほか、運営協議会総会の議決を経て、その必要な収入に関する定めをすることができる。
 (会計年度)
第15条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
 (委 任)
第16条 この会則に定めるもののほか、会の運営に関し必要な事項は、会長及び副会長が協議のうえ、会長がこれを定める。
   附則
 この会則は、昭和50年4月1日から施行する。
   附則
 この会則は、昭和60年4月1日から施行する。(昭和60年4月1日 一部改正)
   附 則
 この会則は、平成11年4月1日から施行する。(平成11年4月1日 一部改正)
   附 則
 この会則は、平成12年9月8日から施行する。(平成12年9月8日 一部改正)
   附 則
 この会則は、平成17年7月1日から施行する。(平成17年7月1日 一部改正)
   附 則
 この会則は、平成19年4月1日から施行する。(平成19年4月1日 一部改正)

このページのトップへ