ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国保課 > 後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

 後期高齢者医療制度とは、75歳以上の方、もしくは65歳以上で一定の障がいをお持ちの方を対象とした医療制度です。


制度のしくみ

 この制度は、75歳以上の方、もしくは一定の障がいがあり広域連合の認定を受けた65歳以上75歳未満の方が加入し、各都道府県ごとに設置されている後期高齢者医療広域連合が市町村と連携・協力して運営します。

後期高齢者(長寿)医療制度

<保険者>

 都道府県単位で広域連合が設立され、新居浜市在住の方の場合は、『愛媛県後期高齢者医療広域連合』が保険者となります。

<被保険者>

 原則として愛媛県内に在住の75歳以上の方と、65歳以上の広域連合から障害認定を受けた方。

<保険料>

 保険料は、定額部分である均等割額(46,308円)と、所得に応じて計算される所得割額(所得割率9.16%)の合計額となり、個人単位で計算されます。ただし、所得の低い方は定められた基準により、均等割額が軽減されます。 →保険料について詳しくはこちら

<医療費の自己負担>

 医療機関で支払う自己負担は、原則として1割負担です。ただし現役並みの所得(住民税課税所得が145万円以上)がある方は、3割負担となります。

 現役並みの所得がある方の中でも、収入が一定の基準額【注1】に満たない場合は申請により1割負担となる場合があります。申請の対象となる方に対しては、保険証更新の際にご案内を差し上げております。

【注1】単身世帯の場合、収入額(年金や給与などの収入)が383万円未満。同一世帯に被保険者が2人以上いる場合は、世帯での収入が520万円未満。同一世帯に被保険者が1人で、かつ70歳から74歳の方がいる場合も、世帯での収入が520万円未満。

愛媛県後期高齢広域連合はこちら <外部リンク>


このページのトップへ