ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新居浜市子育て応援三世代同居等促進事業について(令和3年度分)

現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 子育て支援課 > 新居浜市子育て応援三世代同居等促進事業について(令和3年度分)

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新
<外部リンク>

新居浜市子育て応援三世代同居等促進事業について

本市では、子育て世代とその親世代が互いに支え合い、身近な地域の中で安心して暮らせる環境を整備することを目的に、令和3年度から「新居浜市子育て応援三世代同居等促進事業」を開始します。

補助事業チラシ [PDFファイル/867KB]

補助内容

【1】住宅を取得し三世代で「同居する」場合

三世代同居を開始するための住宅新築・購入費用

最大50万円

【2】住宅を取得し三世代で「近居」する場合

三世代近居を開始するための住宅新築・購入費用

最大20万円

 

※「近居」とは、同一小学校区内 または 直線距離0.5km以内の2棟以上の住宅に居住、もしくは同一棟の共同住宅に居住することをいいます。

【3】三世代で同居するために住宅を「リフォーム」する場合

三世代同居を開始するための現住居のリフォーム・増改築費用

最大20万円

 

◆対象となる工事

・ 屋根、雨樋、柱、外壁等の修繕、塗装等の外装工事

・ 床、内壁、天井等の内装替え、畳の取替え等の内装工事

・ 雨戸、戸、サッシ、ふすま等の取替え等の建具工事

・ 電気、ガス等の設備工事

・ トイレ、風呂、キッチンの改修等の給排水工事

・ その他、市長が認めるもの

 

◆対象とならない工事

・ 倉庫、車庫等の附属設備の設置及び工事

・ 居住者自らが行う工事業者を伴わない機器、設備等の購入

・ 移動または取り外しが可能な機器もしくは製品の購入または設置(家具、家電等)

・ 造園、門扉、塀または外構の工事

・ 新築等を伴わない解体工事

・ 太陽光発電システムの工事

・ 店舗、事務所等部分に係る工事

・ 耐震工事

・ 本市が実施するその他補助金・介護保険における住宅改修費の交付を受けている工事

・ その他、市長が適当でないと認めるもの

交付要綱・手続きの流れ

新居浜市子育て応援三世代同居等促進事業補助金交付要綱 [PDFファイル/142KB]

申請方法及び提出書類【住宅取得】    申請方法及び提出書類【リフォーム・増改築】

※ 世帯全員とは三世代同居または近居を開始する家族も含みます。

※ 「住宅取得」「リフォーム・増改築」の手続きの流れは同じですが、必要となる書類が異なります。

本人確認書類

個人情報確認同意書(様式第2号)をご提出いただければ、新居浜市が発行する住民票及び納税証明書を省略できます。

その際、審査対象者全員の本人確認書類(写し可)が必要となりますので、以下をご参照ください。

本人確認書類とは? [PDFファイル/48KB]

申請書類等(ファイル)

【記入例】

様式記入見本 [PDFファイル/117KB]

【申請時提出書類】

交付申請書(住宅取得用) [Wordファイル/43KB] 交付申請書(リフォーム・増改築用) [Wordファイル/45KB]

個人情報確認同意書 [PDFファイル/47KB]

誓約書 [PDFファイル/101KB]

※個人情報確認同意書は住民票の世帯ごとに提出いただく必要があります。

  また、個人情報確認同意書の「申請者」とは、それぞれの世帯の代表の方です。

【例】補助金申請者が息子(両親と別世帯)の場合

 ⇒「申請者」は息子及び父親(もしくは母親)となり、それぞれの世帯分(2枚)個人情報確認同意書が必要

【交付決定後提出書類】

実績報告書(住宅取得用) [Wordファイル/45KB] 実績報告書(リフォーム・増改築用) [Wordファイル/45KB]

補助事業に関するアンケート [Wordファイル/33KB]

自治会加入証明書 [Wordファイル/42KB]

補助金交付請求書 [Wordファイル/44KB]

三世代同居等に関する注意事項

※ 予算の範囲内での申請受付となりますのでご了承ください。予算の枠が無くなり次第、ホームページにてお知らせいたします。

※ 子どもがいない世帯でも、申請時に母子手帳等で出産予定が確認できる場合、三世代世帯とします。

※ 住宅取得等の契約の日から3カ月以内に申請書類をご提出ください。申請受付は令和3年4月1日から開始いたします(例:令和3年2月1日の契約の場合、令和3年5月1日までに申請)。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)