ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 生活福祉課 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2022年10月1日更新
<外部リンク>

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

【令和3年度住民税非課税世帯及び家計急変世帯の受付は終了しました】

※令和4年度住民税非課税世帯の受付のみ10月31日まで受付しております。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した方が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円を給付する臨時特別給付金事業の実施を含む、「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」が令和3年11月19日に閣議決定され、令和3年12月20日に国会で関連予算が成立しました。

コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」が令和4年4月26日に閣僚会議にて議論され、令和4年5月26日付にて令和4年度子育て世帯等臨時特別支援事業支給要領が改正されました。それに伴い、令和4年度に新たに住民税非課税世帯になられた世帯に対して、1世帯あたり10万円を給付することが決定されたため、新居浜市では以下のとおり支給を実施します。

受給対象者

支給対象となる世帯の世帯主

支給額

支給対象世帯1世帯あたり10万円(原則口座振込により支給します)
令和3年度住民税非課税世帯、令和4年度住民税非課税世帯、家計急変世帯のいずれか1回限り

1 住民税非課税世帯

令和3年度住民税非課税世帯

  【受付は終了しました】

 

令和4年度住民税非課税世帯

 

 令和3年度住民税非課税世帯等臨時特別給付金(非課税世帯分及び家計急変世帯分)を受給していない世帯で以下の条件を満たす世帯。

  • 基準日(令和4年6月1日)において、新居浜市に住民登録があり、新たに世帯全員の令和4年度分住民税が非課税又は免除された世帯(令和3年中の収入をもとに決定されます。ただし、租税条約にて免除されている世帯は除きます)
  • 基準日において、生活保護を受給している世帯。
  • 世帯の全員が課税されている方の税法上の扶養親族等に取られている世帯は対象外です。ただし、世帯の一部の方のみ扶養親族等に取られている世帯は対象となります。
  • 令和3年12月11日以降に日本国内へ初めて入国した方のみで構成された世帯は対象外です。
  • 既に臨時特別給付金(令和3年度住民税非課税世帯分及び家計急変世帯分)の給付を受けた世帯の世帯主を含む世帯は対象外です。
  • 令和3年度住民税非課税世帯等臨時特別給付金の支給対象世帯で、辞退もしくは未申請の世帯についても対象外です。

手続きの方法

令和3年度住民税非課税世帯

  【受付は終了しました】

 

令和4年度住民税非課税世帯(対象世帯への確認書の発送は終了しました)

(1) 新居浜市から対象と見込まれる世帯の世帯主宛てに受給意思等を確認するための確認書は既に発送しました。

  • 確認書は原則として住民登録地に送付します。病院や施設に入院・入所中などご不在の場合は、郵便物転送などの手続きをお願いします。
  • 基準日の翌日以降発送準備完了日までに住民票を異動した方については転居先の住所に送付します。
  • 臨時特別給付金をまだ受給されていない世帯で修正申告等により令和4年度が非課税となられた世帯、令和4年6月1日以降に転入日を6月1日以前に遡って手続きをされた世帯で非課税であると思われる世帯は福祉部臨時特別給付金担当(0897-66-7151)へご連絡ください。

(2) 確認書の所定の欄にチェックや署名等を行ってください。

  記載例(口座有) [PDFファイル/1.07MB]  記載例(口座無) [PDFファイル/1.07MB]

(3) 返信用封筒に確認書を入れて、新居浜市が確認書を発出した日から3か月以内に郵送してください。(確認書が回答期限までに返信がない場合又は内容に不備があり受理できない場合は、本給付金は支給されませんのでご了承ください。)

  • 当日消印有効

※確認書に印字された振込先口座から変更される方や確認書に振込先口座が印字されていなかった方は、確認書に加えて本人確認書類と振込先口座確認書類を同封の上郵送してください。

  • 本人確認書類:運転免許証、マイナンバーカード(表面)、健康保険証、後期高齢者医療保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、在留カード、障害者手帳、療育手帳、生活保護受給に係る証明書(保護開始決定(変更決定)通知書)等のコピーいずれか1点。
  • 振込先口座確認書類:通帳、キャッシュカード、インターネットバンキングの画面等、金融機関名(支店名または支店コードを含む)、口座番号、口座名義人がわかるもののコピーいずれか1点。

支給時期

  • 確認書の返送後おおむね30日以内(返送書類に不備がない場合)

その他の受給対象者への対応

DV等(配偶者やその他親族からの暴力等)を理由に新居浜市に避難している方

事情により基準日において新居浜市に住民登録がない方も、一定の要件(下記参照)を満たし、避難者とその同伴者について住民税非課税世帯または家計急変世帯に該当すると認められた場合、申請を行うことによって受給することができます。

※令和4年6月1日時点の住民票が新居浜市でも、令和4年6月1日以前から新居浜市外にDV等避難をして居住している方は、居住している市区町村での申請となります。

【要件】 以下の1から3のいずれかに該当する証明書等をお持ちの方

 1.配偶者に対する保護命令決定書の謄本と確定証明書等

 2.婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書

 3.住民基本台帳の支援措置(閲覧制限等)の決定通知書

 上記の証明書等をお持ちでない方や、詳細な手続き方法等につきましては、福祉部 臨時特別給付金担当(0897-66-7151)までお問い合わせください。

申請書(住民税非課税世帯分) [Excelファイル/68KB]   申請書記載例(住民税非課税世帯分) [PDFファイル/186KB]

案内パンフレット [PDFファイル/901KB]

 

里親等に委託されている方や児童養護施設等に措置入所している方

里親等に委託されている方や児童養護施設等に措置入所している方は、里親等とは別世帯として支給を受けることができます。

  • 2か月以内の期間を定めて委託されている方や措置入所している方は対象外です。

<申請書の送付>

1 基準日において委託先や入所先に住民登録がある場合

  • 住民登録地(委託先や入所先)あてに住民登録地の市町村が申請書を送付します。

2 基準日において委託先や入所先に住民登録がない場合

  • 委託先や入所先あてに委託先や入所先の市町村が申請書を送付します。

<記入・返送方法>

住民税非課税世帯の手続き方法のとおりです。

  • 里親や施設職員による代理申請を基本としますが、本人からの申請も妨げません。
  • 給付金の振込先は本人名義の口座を基本とします。

措置入所等をされている障がい者・高齢者の方

措置入所等をされている障がい者・高齢者の方が住民税非課税世帯に該当する場合は、支給を受けることができます。

  • 2か月以内の期間を定めて措置入所等をされている方は対象外です。

<確認書の送付>

1 基準日において措置入所等先に住民登録がある場合

  • 住民登録地(措置入所等先)あてに住民登録地の市町村が確認書を送付します。

2 基準日において措置入所等先に住民登録がない場合

  • 措置入所等先あてに措置入所等先の市町村が確認書を送付します。

<記入・返送方法>

住民税非課税世帯の手続き方法のとおりです。

  • 給付金の振込先は本人名義の口座を基本とします。

矯正施設に収容されている方

矯正施設に収容されている方が住民税非課税世帯に該当する世帯の世帯主である場合、手続きの方法は以下のとおりです。住民登録の状況により手続きの方法が異なります。

<確認書(申請書)の送付>

1 基準日において矯正施設に住民登録がある場合

  • 住民登録地(矯正施設)あてに住民登録地の市町村が確認書を送付します。

2 基準日において収容前の住所地に住民登録があり、かつ単身世帯ではない(他に世帯員がいる)場合

  • 住民登録地(収容前の住所地)あてに住民登録地の市町村が確認書を送付します。(世帯員の方が代理で手続きを行ってください。)

3 基準日において収容前の住所地に住民登録があり、かつ単身世帯の場合

  • ご本人が住民登録地(収容前の住所地)の市町村に対して、本給付金の申請書を矯正施設あてに送付先変更するよう依頼し、申請書を取り寄せてください。

<記入・返送方法>

住民税非課税世帯の手続き方法のとおりです。

  • 身分証明書の添付が必要となる場合は、確認書(申請書)欄外への矯正施設長の記名押印または在所証明書の添付のいずれかを行ってください。

2 家計急変世帯

 【受付は終了しました】

お問い合わせ先

新居浜市役所 福祉部 臨時特別給付金担当

電話番号:0897-66-7151

受付時間:平日 8時30分から17時15分まで

【本給付金を装った特殊詐欺や個人情報の搾取にご注意ください】

  • 本給付金の確認書及び申請書の記載事項に不備があった場合は、本給付金担当(0897-66-7151もしくは0897-65-1240)より電話連絡をする場合があります。ただし、電話にてATMでの操作を依頼することは絶対にありません。また、上記電話番号以外から電話連絡することも絶対にありません。不審な電話がかかってきた場合は、すぐに市の本給付金担当又は警察(0897-35-0110)にご相談ください。
  • 政府機関や自治体等を装った偽サイトにもご注意ください。ホームページのアドレスの末尾に見慣れない末尾文字があるなど不審に思った場合は安易にアクセスせずに本物のサイトのURLを確認してください。

事業の概要(内閣府ホームページ・コールセンター)

一般的な事業の概要につきましては内閣府のホームページ・コールセンターでもご確認いただけます。

新居浜市における手続きや支給に関するお問い合わせは、上記臨時特別給付金担当(0897-66-7151)でお答えします。

1 内閣府のホームページ<外部リンク>

2 内閣府コールセンター

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付・住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター

フリーダイヤル:0120-526-145

時間:午前9時~午後8時(土曜日、日曜日、祝日を除く)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)