ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民税課 > 所得・課税(非課税)証明書

所得・課税(非課税)証明書

発行できる場所

  1. 市役所2階の税務総合窓口
  2. 市役所1階の市民課窓口※
  3. 上部支所・川東支所・別子山支所※

※手続きの関係上、市役所2階窓口にご案内する場合があります。

発行できる方

毎年1月1日現在、新居浜市内に住所を有する方で以下のいずれかに該当する方

  1. 勤務先から給与支払報告書が提出されている方
  2. 公的年金支払報告書が提出されている方
  3. 税務署に確定申告書の提出を済ませている方
  4. 市民税課に市県民税申告書の提出を済ませている方

以上のいずれも該当しない方で前年中に収入がなく1月1日時点で新居浜市にお住まいの方でしたら収入がない申告が必要な場合がございます。

収入がない申告について

前年中無収入であった場合は、申告の義務は免除されています。ただし、国保料・後期高齢者医療保険料の決定や給付、国民年金保険料の決定や給付、国民年金保険料の減免、公営住宅の申し込み等のために市県民税申告が必要になる場合がございますので、医療・福祉などのサービスを受ける上で申告をお勧めします。

※所得証明書等は提出された課税資料をもとに発行していますが、収入のない人や非課税所得のみの人は課税資料がないため、市県民税申告書をもとに発行することになります。

※証明書が必要になった時に申告することもできますが、あらかじめ申告する人はなるべく申告期間に市役所2階市民税課へお越しください。

市県民税申告について

 

収入がない申告については、申告書の左下にある

1.つぎの人に扶養(援助)されていた。

2.非課税給付を受給していた。

3.その他(生活状況を記入してください。)

これらのいずれかに記入してください。

<参考図>

0申

証明書の内容

毎年6月1日に年度が更新され、前年分の証明書が発行できます。
*平成31年度の所得証明は、前年30年の1月から12月の内容になります。

手数料

1通につき300円
*証明書は1名1年度で1通となります。
例:1 Aさんが29年度・30年度・31年度分を交付請求した場合は3通で900円になります。
例:2 Aさんが31年度分を2通交付請求した場合は600円になります。
例:3 Aさんが31年度分を1通、配偶者のBさんの31年度分を1通交付請求した場合は600円になります。

交付申請書の記入

交付請求書には、窓口に来られた方の本人確認書類が必要です。
*本人・同居の親族以外の方が申請する場合には、委任状(代理人選任届)、窓口に来られた方(代理人)の本人確認書類が必要です。

郵便による請求

新居浜市より転出された後に所得証明が必要になったり、本庁・支所に来られない場合は、郵便で請求することもできます。

郵便による請求方法はこちら

委任状

窓口・郵便での請求ともに本人または同居の家族以外の方が請求される場合には必要です。

委任状 [PDFファイル/47KB]


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ