ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 資産税課 > 固定資産税の対象となる資産

固定資産税の対象となる資産

  土地、家屋及び償却資産が固定資産税の対象となります。

土地

 田、畑、宅地、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、雑種地など

土地について詳細はこちら

家屋

  住宅、店舗、工場(発電所及び変電所を含む。)、倉庫その他の建物
  (一般的に、屋根及び擁壁またはこれに類するものを有し、土地に定着した建造物)

家屋について詳細はこちら

償却資産

  会社や個人で工場や商店などを経営している方が、土地、家屋以外の事業のために用いることができる機械・器具・備品等(無形資産を除く)

償却資産について詳細はこちら


このページのトップへ